手まりの仕事は講座案内の動画作成

昨日はアマゾンで販売している糸セットが

少なくなっていたので

セット詰めをして終わりました。
 
 
 
さすがに、通常は20色前後のセットですが

60色セットとなると

糸を揃えるのも大変です。
 
 
 
正直、60色までは自分で揃えますが

それ以上多いものは自分では行いたくないというのが

本音です。
 
 

 

 
 
糸セットを作ると、ほぼ1日丸まるかかってしまいますので

手まりの仕事は無理か?

とも思ったのですが

放置していた手まり講座の案内のスライドショー

ようやく字幕を入れることが出来ました。
 
 
 
キャプチャや、クレジットであれば

今まで入れていたのですが

写真の上に字幕を入れるとなると

どうしても背景にかぶって

字幕が見えにくくなっていたのです。
 
 
 
しかしYouTubeにUPしてから

Web上で行ったら

文字の背景が黒くなるので

白抜き文字が見やすくなったのです。
 
 
 
あんなに苦労していたのが・・・

という気分ですね。
 
 
 
でも最近はPCを持たずに

スマホやタブレットオンリーで作業する

という事を聞くとWeb上で出来るのは

非常に楽になったのだと思います。
 
 

 
 
基本、作業はPCでする物と思っている私としては

すごく複雑な気分です。

正直、PCであれば入力は

考える速さで出来るのです。

でも、スマホだとPCを1本指で

キーを捜しながら入力するのと同じような状態なので

非常にイライラするのです。
 
 
 
あまりに入力が遅すぎて

考えていることを途中で忘れてしまう始末。
 
 
 
さて、どうするのが良いのか・・・

スマホ用のキーボードを購入したほうが良いのか?

などと考えてしまいます。

そしてそれを購入した後

それなりに使うのか???

という問題もあったりして・・・
 
 
 
一番困るのがラインですね。

ラインのソフト自体はPCでOKですが

ラインにリンクがあった時、

そのリンクにラインの文字があった時

スマホでないと開けないのです。
 
 
 
閲覧は良いのですが

その後にそこそこの入力しなければ

いけない物が含まれていると

途端に気力が萎えます。
 
 

 
 
基本的にスマホは、ほとんど使用しないのです。

ネット作業はPCで行うものと思っている人です。
 
 
 
職業が手まり職人ですから

作品作ってナンボと思っているのです。

PCもスマホも電話やFAXと同じと考えています。
 
 
 
私の手まり講座の案内

字幕にこだわった理由は、聴覚障害者も

ターゲットに入っているのです。
 
 
 
これは和裁の専門学校に行った時

かなりの割合で聴覚障害者が居たことですね。

普通校からの進学者もいましたが

聾唖学校からの進学者もいたのでは?

そんな感じです。
 
 
 
補聴器を使っていましたが

話すのはほとんど無理で

筆談になる先輩も多かったですから。
 
 
 
手まりはネット講座で進めていますが

動画の音声は、飽きないようにBGMが入っているだけで

音声によるものは、ほとんど入れていません。
 
 
 
たまに質問に答えるということで

音声を配布する場合もありますが

PDFで間に合うので、そちらも同時配布しています。
 
 
 
YouTubeにUPしてから

字幕を入れる場合、機械は日本語をこう聞いているんだ!

というのが驚きでした。
 
 
 
ほぼ自動で字幕が入っているのです。

そこで、ミスなどがあれば

修正をすれば良いので、タイミングなど

考えなくて良いのには驚きました。
 
 
 
ただし、言い間違えた部分を

そのまま言い直して話したとき

とんでもない文字を出してくれるのには

笑ってしまいましたが。
 
 
 
本当にあんなに苦労したのが

あっさりと解決には

ちょっと拍子抜けです。
 
 
 
気が向いたら覗いてみてください。


 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは

先日、各所に展示、出品した

睡蓮の手まりです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村