管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

手まり、図案!?!?

    日記

昨日は手まりの仕事は出来ませんでした。

買出しに行き、いつものホームセンターへ。

基本的にネットショッピングは良いのですが

リアルでの買い物は正直好みではないです。
 
 
 
買い物のメモを見ながら目的の物をさっさと購入し

そのまま一目散に帰ってきたいタイプです。

正直、ショッピングを楽しむ

リアル店舗でそういうのは、全く考えていません。
 
 
 
その為、買い物のメモに書いてない物は

見事に忘れます。

今回も2点ほど買い忘れたものと

あえて次回に見送った物があります。
 
 

 
 
少し前からいつも行くホームセンターの駐車場

ちょっと気になるものがありました。

私はいつも空いている2階へ車を止めますが

それは1階の駐車場の隅

しかも道路側からはよく見えるけど

車を止める都合から言えば

非常に行きにくい場所にありました。
 
 
 
数個の屋根だけのテントと朝市の旗。

昨日は1階かつお店の入り口と

テントとの中間に車を止めることが出来たので

テントで何が売られているのか見に行ったのです。
 
 
 
テントは5個ほど並んでいました。

そして売られていたのは野菜!

話を聞けば、近所の農家の方と

八百屋さんの方が店を出していました。

産地が明記されているのは近場の物。

明記されていないのは市内のもの。
 
 
 
少しお話しながら野菜が買えたので

いつも行く農協まで行かずにすみました。

これからそこを利用することになると

移動距離が大幅に短くなりそうです。
 
 
 
 

 
 
個人ブログのほうでは

検索で、「手まりの図案」というワードで

きた方が居ました。
 
 
 
フランス刺繍やその他刺繍のように

図案があると思っている方がいるようです。
 
 
 
手まりは図案はありません。

あるのは手順だけです。
 
 
 
しいて言うなら

「模様」または「デザイン」になります。
 
 

 
 
なぜなら、手まり作りで一番難しいのが

土台作りと地割(分割)の作業であり

後は、所定の手順を守って作れば

初心者でもそれなりに作れるからです。
 
 
 
ただ模様によっては地味に精神力が削られる

終わりの見えにくい作業を繰り返す物もありますから

そうなると根気が続きません。
 
 
 
正確な土台作りと地割、そして模様作り

これが全てできた時

綺麗に仕上がる模様もあります。
 
 
 
でも、出来上がりの質を問わなければ

手順だけわかれば

何も無いところから模様を作っていくのです。

その為、手まり作りには

模様を作るための手順はあるのですが

図案という物は存在しないのです。
 
 

 
 
図案を譲ってくださいなどと言われても

無い物は譲ることが出来ません。
 
 
 
手順を教えてくださいと言われれば

模様の作り方を教えることは可能になるのです。
 
 
 
これは刺繍の手まりも同じくなのです。

全体のバランスを見ながら

見本写真や作品を見て

土台の分割線などを基準に待ち針を打ちます。
 
 

その待ち針を基準に所定のラインを入れ

そのラインを基準に刺繍を入れていくのです。
 
 
 
刺繍入りの手まりは

図案といえば図案になるのですが

それは紙に書いた物ではなく

手順を示した物なのです。

もっと言えば、出来上がり写真1つから

刺繍の順序を読み解き

それを再現するのです。
 
 
 
その為そこにあるのは

図案ではなく、手順になります。

つまり手順がわかれば、再現が可能になるのです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
暑い日はこういう涼しげな

あっさり系の模様も良いかと思います。

「麻の葉」模様のミニ手まりです。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません