買出し日、オーダーしていた糸が届きました

昨日は日曜日でしたので

午前中は買出しでした。
 
 
 
帰宅しましたら、

中国にオーダーしていた糸が届いていました。
 
 
 
いつもはお昼過ぎに届くのですが

帰宅したら届いていたので

無駄な時間を使わずに検品作業が出来ました。
 
 

 
 
まず、ざっと数量の検品をします。

そしてアマゾンに送る分を送れるように仕分けします。
 
 
 
今回はアマゾンに送る木綿刺繍糸、全色セット

自宅保管分の木綿刺繍糸

日本刺繍の代用に使える絹刺繍糸

コーン巻きの絹紡糸

この4種類をオーダーしました。
 
 
 
絹糸は数量も少ないので

細かい検品はしなくてもすぐにわかります。

細かい検品が必要なのは25番刺繍糸になります。
 
 
 
25番刺繍糸はラベルを貼って箱に入れて保管しますので

とりあえず、色番号等確認がしやすいように

1つの箱にまとめておきます。
 
 

 
 
全色セットの刺繍糸は一応

小さな袋にグループごとに分けて入れられ

時にはそのまま届くのですが

今回はビニール袋に1セットごとにまとめて入っていました。
 
 
 
でも、使われている袋がちょっと弱かったり

トラブルが多いので

私はもう1枚上から袋をかけています。
 
 
 
1袋の入り数は重さで判断します。

でも、今回、ざっとビニール袋の外から見た所

何本か、いつもの刺繍糸の形状とは

違った糸のまとめ方をしてある物がありました。
 
 
 
糸の束ね方が違うだけで問題無さそうなのですが

こういうのが、クレームの対象になる可能性もあります。

袋を開けて再確認する方法が1つ。

そのまま出荷するが、代替品を適当に選び

補填品として入れる方法が1つ。
 
 

 
 
私は、糸として使えれば問題ないでしょ・・・

と思いますが、うるさい人はうるさいです。

しかし、不良品、もしくは表記と違う形状の物

という事で問題が起きないように

補填の品物

という事で10本別袋に入れて

これが補填品とわかるように追加しています。
 
 
 
つまり440色、447本入り

として販売していますが

トラブル予防に10本追加していますから

実質457本入っています。
 
 

 
 
説明では1本8mの糸が途中で1回、つないである

そういう物もまぎれているので

これは不良品とカウントしないと宣言しています。
 
 
 
その為、つないだ糸が入っていた

440色だった。

という評価を入れられる事はありますが

不良品に関する記述を貰ったことはないです。
 
 
 
でも、今回はちょっと、どうなるかな・・・

って感じですね。

今まで仕入れていた場所が品切れだったので

別のストアから買ったことも大きいです。
 
 
 
でも、現状、在庫的には

常に447色揃うように在庫は確保していますが

これを自分でセット組みは正直やりたくないです。
 
 
 
トラブル覚悟で、その分、補填の品を入れて

対処したほうが正直楽なのです。

そのセット組みに必要な時間を別の所に使いたい

というのが大きいです。
 
 

 
 
絹の刺繍糸の何色かは

現在品切れになっていたり

在庫が少ないのでこちらも小袋に入れ

色番号を貼り、オーダーに応えられるように

準備しなければいけません。
 
 
 
という訳で、昨日の手まりの仕事は

講座のメール作成のみしか出来ませんでした。
 
 

 
 
今回は楽しみにしていた絹紡糸、紫系が届いたので

ちょっと気分良かったりします。

これで作りたかった作品が作れます。
 
 
 
それでは本日も作業、頑張ります。
 
 

 
 
今日の手まりは

以前作った、極小手まりシリーズの1つ

ヒマワリです。
 
 
 
某書籍にこの小さい手まりの土台は

ティッシュを丸めて芯にするとあったのです。

そこで試しに作ってみたのですが

正直言ってティッシュはお勧めしません。
 
 
 
針が刺さらないので作りにくいです。

もし作るのであれば

極太毛糸を丸め、その上から

糸を巻いて表面を整えたほうが良いです。
 
 
 
地割は???

と言われそうですが

このヒマワリは地割をしていません。

完全に目分量です。
 
 
 
でも、他の作品では

一応、紙テープで地割をしている物もあります。

なぜなら、地割をしないと

綺麗に分割できないからです。
 
 
 
某テキストでは

このように小さい作品は地割なしで

目分量で分割して・・・

と書いてある物もあります。
 
 
 
どちらが正しいか?

ではなく、どちらが綺麗に作れるか?

で地割をするかしないかを決めれば良いと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まりの写真撮影と糸のセット組み

昨日は菊の手まりが3個完成しましたので

その写真撮影を行いました。
 
 
 
そして急遽、アマゾンに納品しなければいけない

糸セットも発生。

また、主人からマッサージクリームを作って欲しいとも

言われていました。
 
 

 
 
写真撮影は午前中の天然光で撮っていますので

これは朝食後、すぐの仕事になります。
 
 
 
最大の問題は

マッサージクリームを作るのに

香料を扱いますから、1日の作業の順序をよく考えないと

大変な事になります。
 
 
 
香料自体はそれほど危険ではないですが

さすがに原液は手につくとそれなりに匂います。

多少、ついても気にならない香りもありますが

食事の前には扱えません。
 
 
 
まして・・・

どんな物でも、調理前に扱ったら・・・

本当にエライ事になります。
 
 
 
つまり、香料を扱った後で

洗濯をするのがベストなのです。
 
 

 
 
また、糸を保管してある部屋は

午前中のうちは、まぁまぁましなのですが

午後からサウナになり、非常に短時間であればともかく

それなりの時間に滞在するのは避けなければいけません。
 
 
 
このような事を考えて

1日の作業日程を決める必要があります。
 
 

 
 
特に香料や油を扱う予定に関しては

順序を間違うといろいろ支障がでますので

その辺りをよく考えなければいけません。
 
 
 
 
 
正直な所、主人にクリーム類を頼まれると・・・

あまりやりたくない・・・

そう思うことは多いのです。
 
 
 
手順その他が複雑で

まして、作業する順序にも制約があって

その上、作れるから当然のような顔をされてしまうので

正直、あまり気分良く・・・にはならないのです。
 
 
 
好きでする仕事ではなく

仕方なくする仕事だからですね。

今回は自分用の物も一緒に作りました。
 
 
 
という訳で、何とかノルマ的なものは

無事、完了。
 
 
 
夜、少し時間が出来たので

手まり講座のテキストの仕事も進めました。

9ヶ月目、第1週のテキストの体裁を整える所まで完了です。
 
 
 
後は、所定のサイトにUPして

メルマガを書き、テキストをDLするURLを

メルマガに載せて一息となります。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
本日の手まりも向日葵です。

昨日の緑地の向日葵の色違いになります。
 
 
 
大きな違いは

緑の向日葵は、模様の糸が化繊の手まり糸を使用しています。

今日の白地の向日葵は

25番刺繍糸を使用しています。
 
 
 
見た感じ、艶があって良さそうな糸に見えますが

触ってみると所詮、化繊は化繊。

安っぽく見えるのです。
 
 
 
そのような理由で、現在の私は

化繊の糸は使用せず、

木綿や絹の糸を使用するようにしています。

 
 
 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

緑地、菊、完成。洗濯石鹸のばし

昨日、何とか作りかけの緑地の菊

完成しました。
 
 
 
その後、時間は少々ある物の

目が限界で・・・

あまり目を使わない作業・・・

という事で洗濯石鹸ののばしをしました。
 
 
 
在庫不足が少し解消された物の

まだまだ在庫不足の状況は続いています。
 
 

 
 
また、夕方、刺繍糸のセットも

少し売れ、アマゾンへ納品しなければいけない

セットが増えました。
 
 

 

この季節、夏休みの宿題対策というのもあるのか

正直、糸セットの売り上げ予測がつきません。

一応、昨年の動向を記録していますが

その都度状況は変わります。
 
 
 
倉庫代の問題もあるので

自宅に保管する在庫はそれなりに持ちつつ

在庫補充をしていかなければいけないのです。
 
 

 
 
そんな中、お1人の方から質問が・・・
 
 
 
一部の糸セットはアマゾンに送ってしまっているので

自宅に保管品が無い場合もあります。
 
 
 
アマゾン発送品は物によっては

宅配扱いになりますから

同じ物を自宅発送にした場合

自宅発送のほうが送料が安くなることもあります。
 
 
 
そこでもう少し送料、安くなりませんか?

という交渉が・・・
 
 

 
 
残念ながら、指定された商品は

アマゾンに送ってしまって在庫は無いのです。

(夜光糸とか・・・)

自宅に在庫を保管していないので

表記以外の発送方法は選択できません。

とお答えするしか無いのです。
 
 
 
夜光糸は使いどころを考えれば

面白い作品が出来そうなのですが

少し硬い糸なので、どうしても手触りは悪くなります。
 
 
 
その為、私は作品には使ってないのです。

作品に使う予定が無いけど

そこそこ人気商品だから取り扱っています。
 
 
 
その他にも、糸自体は私も使っていますが

セット組みになると、まとめてセット組み作業をしないと

効率が悪いという商品もあります。
 
 

 
 
好きな糸を好きなだけ欲しい

そういうご注文であればお答えできるのですが

赤系が欲しいけど、色番号はお任せ・・・

そういうユーザーに対しては

あらかじめセット組みを作っておき

そのセットをアマゾンに送っています。
 
 
 
色番号指定であれば対応しますが

お任せで頼まれた場合

こちらの時間的コスト削減もあり

アマゾン発送にしています。
 
 
 
 
 
中国から発送しました連絡が届いたので

多分、我が家に届くのは日曜日になりそうです。

日曜日に検品をすませ、月曜日にアマゾン納品になりそうです。
 
 
 
私が扱っている刺繍糸はDMC互換品の物です。

全色だと447色。

全色セットをオーダーした時

入っている糸は一応、メーカーとしては全色セット

となっていますが、全色入っていることは少なく

平均440色です。
 
 
 
つまり、不足している色があり

その分は代替で別の糸がダブって入っているのです。
 
 

 
 
商品説明には明記していますが

わざわざ全色確認する方も居て

私としてはよくやるなぁ・・・

と思いながら見ています。
 
 
 
一応、品質が悪い物が含まれていたり

(8mのところを1mずつ切られた物が混ざっている)

そういう事例も報告されているので

代替品として10本追加をして納品しています。
 
 
 
今回も全色セットが届いたら

セット詰めした糸もまとめてアマゾンへ納品する予定です。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「向日葵」です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり講座、8ヶ月4週目

昨日はアマゾンに送る糸セットを作っていました。

大抵、1日忙殺されてしまうのですが

何とか夕方にはそこそこの所まで

完了しました。
 
 
 
その後、洗濯石鹸の在庫が壊滅的な状況なので

石鹸をのばし、ボトル詰めの作業をしました。

とりあえずは何とかなります。

でも、まだまだ在庫が少ないので

もう1回分、素がありますから

そちらも、のばさなければいけません。
 
 
 
いろいろ雑事が多く

石鹸関係は完全に危機的状況になっています。
 
 
 
その為、手まりの製作は出来ませんでした。
 
 

 
 
夕食後、いつもよりほんの少しだけ

時間が出来たので

手まり講座、早く1年目の分を完成させてしまわねば・・・

と思い、どこまで進めたかを確認作業に入りました。
 
 
 
かなり長い間、中断してしまったので

いろいろと忘れている部分も多々あります。

動画、その他の管理も

そろそろエクセルでまとめないと

整理がつかなくなってきています。
 
 
 
メルマガは1年間の中の8カ月3週まで

先日配信調整が終わったのが確認済みです。
 
 
 
作品制作とテキストの下書きは

12ヶ月全部が完了しています。
 
 
 
問題は、動画をどこまでUPしてあるか?

PDFはどこまでUP済みなのか?

テキストの下書きはどの程度まで行い

完了できているのか?
 
 
 
これらの確認作業をしました。

8カ月4週目の課題

PDFにはなっていませんでしたが

テキストデータは完全に完了し

動画もUP済みでした。
 
 
 
後は体裁を整えるために所定のテンプレートに

コピペしPDF化、所定のサイトにUPし

メルマガ作成という手順になります。
 
 
 
昨日はテンプレートにデータを貼り付け

体裁を整える所まで行い

所定の時間になったので終了しました。
 
 
 
毎日少しずつ進めたいと思います。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりの写真はちょっとお休み。

その代わりブリちゃんの写真です。
 
 
 
糸のセット詰めを行うために

箱に糸を色別に袋に入れて持って来ました。

セット詰めが終わると、順番に空箱が出ます。
 
 
 
その空箱を見つけ

早速、ご機嫌で入ったブリちゃん。

カメラを向けたら、

何か用ですか?

とでも言いたそうな顔つきです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まり、緑地、菊、製作中。小さい手まり。

昨日は雨だったので

予定を変更して手まりの製作をしました。
 
 
 
アマゾンへ送る糸セットを作らないといけないのですが

離れに糸が保管してあり

袋詰めをいつも作業している部屋で行っているので

雨の中の移動は避けています。
 
 
 
その為、本日糸セットを作る予定です。

夏休みのせいか、今回はちょっと種類も多いので

大変な部分もあります。
 
 

 

やらなければいけない事が山積していますが

順番に片付けるしかないので

一歩ずつという感じですね。
 
 
 
個人ブログのほうに検索できたお客様

小手まり図案

となっていました。
 
 
 
これは小さい手まりの模様という解釈で良いのでしょうか?

私は繰り返しブログ等で言っていますが

手まりの模様は星の数ほどあります。

図案と言うと、ちょっとニュアンスが変わってきます。
 
 
 
手まりの模様は、作る手順があるだけで

刺繍の図案集のような物は無いのです。

何も無い所から所定の手順をふんで

模様を作っていきます。
 
 
 
その為、出来栄えはともかく

その手順をふめば、そこそこ誰でも作る事が可能なのです。
 
 
 
もし、作れない人が居るとすれば

目の不自由な方

針仕事が出来ない方

根気が続かなく途中で投げてしまった方

こういう方は作品を完成させる事ができません。
 
 
 
逆にこれらに当てはまらなければ

誰にでも、上手下手はあっても

作る事が出来るのです。
 
 

 
 
根気が続かないで途中で投げてしまう例の1つは

最初から分不相応に難しい作品にチャレンジすると

投げる結果になります。
 
 
 
私も投げた事があります。

一番最初、小学生の頃、作れなくて投げました。

本格的に始めてからも

何回か投げた作品があります。
 
 
 
そのような作品でも経験を積んで

それなりに数多くの作品を作るようになり

再チャレンジしたら作れるようになりました。
 
 
 
小さい手まりの模様と言うのは特に定められていません。

入門者向けの作品は、あまり細かい模様は無いので

小さく作るには向いています。
 
 
 
ただ、最初からストラップにするような

直径3cmほどの作品は土台作りが難しいです。

直径5-6cmで作ってみて

出来そうと思ったらチャレンジすることをお勧めします。
 
 

 
 
私は中国製の25番刺繍糸を使用していますが

メーカー品と比べて糸が太いです。
 
 
 
直径8cmで作るより10cmで作ったほうが

作りやすい・・・

そんな模様もあります。
 
 
 
しかし、絹手縫い糸に変えたとき

糸が細いので8cmで作るより

5-6cmで作ったほうが楽という模様もあります。
 
 
 
作る作品によって糸を変える事で

作りやすさが変わってきます。
 
 
 
先日から公開していましたが

私の手まり講座の案内用スライドショーに

講座の1年間カリキュラムの紹介もありますので

見ていただければと思います。
 
 
 

 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

私のfacebookページに飛びます。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村