管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アジサイの手まり 

    日記

今作っているのは、ガクアジサイになります。

もう少しで外側の花びらの升かがり

かかり終えます。
 
 
 
その後、葉を模した、つむ型をかがり

花の中心と、花びらを花びららしく仕上げて

出来上がりになります。
 
 
 
もう少し仕上がるまでには時間がかかりそうです。

このデザインの手まりを作るのは初めてですし

写真から復元なので、無駄な作業もありました。

バランス的にもう少し・・・と思う部分も多かったです。
 
 
 
テキストもあるのですが

サイズが違うのです。

また、テキストには書かれていない事も多いのです。
 
 

 
 
なぜなら、しかるべき経験が無いと

その作品は作れない物になります。

技法的には、簡単な物でも

地味に面倒な作業が多く、精神力が必要。

よって、経験が無いと途中で投げる危険が大きい。
 
 
 
その作品が作れるくらいの技量があれば

細かく手順解説をしなくても

作ることは可能。

という理屈なのですね。
 
 
 
でも、経験が浅い人が本を見て作ろうとしたけど

どこから手をつけて良いのかわからず

そこで止まってしまう。

そういう事も大いにあります。
 
 

 

 
 
祖母のところへ習いに来ていた方は

祖母に本を買ってきて

材料も買ってきて

次、これ作りたいから研究しておいて

そう言っていた方がいました。
 
 
 
それに応える祖母も凄いと思いますけど・・・

そういう関係性があったのでしょう。
 
 
 
祖母とは同居していなく

遠くに住んでいましたから

合うのは夏休みだけでした。
 
 
 
その為、あまり知らないことも多いのです。

でも、あるひその方が見えて

祖母に言い残していろいろ置いていったのを見ました。
 
 
 
今思うと

その方が祖母に、材料を全部揃えて

面倒な依頼をしていったのもわかります。
 
 
 
当時祖母が持っていた本は

今となれば初級者のテキストですが

それでも難解と言われていました。
 
 
 
わかっている人がわかる人向きに書かれた本

そう感じるのです。

おまけに、写真もフイルムの時代でしたから

非常に高価でした。
 
 

 
 
球体を平面に図示するので

どうしても難解になります。
 
 
 
今のように写真や動画で説明など難しい時代だったのです。

それに比べ、最近、新しく発行されているテキストは

当時の物と比べればかなり丁寧に書かれています。
 
 
 
それでも紙の本ですから

データ量が限られます。
 
 
 
懇切丁寧に書かれた作品は少ないです。

全てを丁寧にわかりやすく・・・

これは紙面の関係上難しいです。
 
 
 
讃岐まりが10年ほど前にNHKで紹介され

それなりに認知度が上がりましたが

それまでは、私の作品は糸が細いので

ペイントしたり布を張った物と思われていた事も多かったです。
 
 
 
入門作品がいくつかありますが

1つ1つ順序良くレッスンすれば

ちゃんと難しい模様も作れるようになります。
 
 
 
クロスステッチが好きという人であれば

誰でも製作は可能なのです。
 
 

 
 
もちろん、いきなり難しい作品に

チャレンジしようとすると

途中で投げてしまう結果になる危険があります。
 
 
 
私もいまだに苦手な作品、技法がありますが

それでもそういう作品ほど、飽きないように

少しずつ進めるようにしています。
 
 
 
時々、手まりを習っている方のブログを見に行きますが

先生が用意した所定の作品を

全部きちんとレッスンせずに

それは好みで無いからと、手もつけない方がいらっしゃいます。
 
 
 
楽しめればそれで良い

そう考えているのであれば全く問題ありません。

でも、少し難しい物にチャレンジするから

次のステップに行ける

そういう作品もあるのです。
 
 
 
所定の作品を手がけることによって

別作品を、写真から複製が可能になる場合もあります。
 
 

 
 
私も経験ありますが

投げた作品を、数年後に作ったら

びっくりするほど簡単に出来上がった

そういう事もあります。
 
 
 
私も、所定の技法を使う作品は

途中で投げたくなる事もありますが

投げずに最後まで作ることによって

見えてくるものもあります。
 
 

 
 
今回はさすがに時間かかってるな・・・

と思いながら、本日も作業がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは、ひまわりです。

正直、この季節の手まりは

伝統物は数が少ないです。
 
 
 
昔は冬、農業が出来なくて

春を待つという事で冬と春の花が

デザインの大半を占めていました。
 
 
 
また、夏は汗をかきますから

糸を扱うにはよろしくないです。

農業も忙しい時期ですから

手まりどころでは無かったのだと推測します。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません