管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

手まりに「糸かけ曼荼羅」をのせるのは難しい

    日記

昨日は午前中、親父の通院の付き添いでした。

付き添いなど必要の無いほど元気なのですが

先日、検査入院し、その結果を聞きに行くのに

家族の方と同伴で・・・

という病院の指示があったからです。
 
 

 
 
結果は、悪性では無い

という事で、8月に手術と決まりました。
 
 
 
担当の先生が言うには

もし悪性だったとき、手術をすると

悪い物が散らばってしまうから

手術をせずに・・・という事だったそうです。
 
 
 
 
 
私はといえば

籾殻の仕事の後遺症で

太ももが筋肉痛でヒィヒィ言っています。
 
 
 
糸のセット詰めをし、アマゾンに送らないといけないのですが

この筋肉痛と雨が落ち着かないと

無理っぽいです。
 
 
 
 

 
 
昨日は、作りかけだった手まり

糸かけ曼荼羅を

手まりにデザインを写そうとしたのですが

残念ながら断念しました。
 
 
 
上下2個の模様で作るには不向きと言う結論になったのです。
 
 
 
平面ではそれなりに綺麗な模様が出来上がり

インスタその他で見て

それを手まりに写したかったのです。
 
 
 
本を購入し、理論を理解し、さて・・・

と思ったのですが、

最初の1段目、平面であれば綺麗に模様が出るのですが

球体なので微妙にズレが生じます。

この部分が綺麗に出来ません。
 
 
 
2段目、糸をかけようとしたのですが

イメージより外側に糸が渡ります。
 
 
 
つまり、一番見せたい部分がさびしく

模様を手まりに写すには

そのままでは無理という結論になりました。
 
 
 
色使いは結構気に入ったのに

残念です。
 
 

 
 
やはり手まりは菊を基にした模様のほうが

綺麗に仕上がると言う結論に至りました。
 
 
 
ただ上下2個の模様を作るのではなく

もっと多くの分割で行うのも1つの方法。

という訳で、いずれまたチャレンジしたいと思っています。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の作品は先日各所に展示した

「機巧少女」の6番目の手まりストラップです。

 

 

 

憧れのハンドメイド作家、職人になるには?

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません