手まり、赤地、三つ羽根亀甲、作り始めました

昨日は月初めの銀行関係、第1弾を片付け

帰宅後、赤地、三つ羽根亀甲、作り始めました。
 
 
 
母がとても気に入っていた作品の1つです、
 
 
 
母が気にいっていた色使いの物を、作り始めたのですが

この色使い、長い間、最初に色を決めた人は

何をイメージして作ったのかが不明でした。
 
 
 
母は自分で何かをイメージして

それに沿って色を決めていく。

そのような事をしていなかったのです。
 
 

 
 
私はあっさりと

所定の作品を写すのも良いが

色違いを作ることを推奨します。
 
 
 
しかし、この色使いを決めるとき

何をイメージして色を決めたのか?

それとも全くイメージが無しで

色遊びとして色を決めたのかで

出来上がりは全く違った印象になります。
 
 
 
そして、作品を眺めていて

菖蒲だ!

と気づいたのです。
 
 
 
作品のイメージが確定すると

当然、他の色違い作品も作りやすくなります。
 
 
 
薄緑地の作品は

土台毬に対して、六角形が大きくなりすぎた感があるので

今回の赤土台はその辺りも調整しながら

色を決めました。
 
 
 
 
 
作品の色使いを決めるとき

所定の物をイメージして決めるのであれば

色使いは非常に決めやすくなります。

 
 
色遊びとして色を選ぶ場合

それはそれで楽しい作業ですが

誰かにそれを伝える(教える)となると

完全に感性の物になりますので

教えるのは難しいのです。
 
 
 
でも、具体的な何かをイメージし

そこから色を導きだすのは

比較的容易に可能になります。
 
 
 
 
 
この三つ羽根亀甲の模様は

抽象化されたデフォルメしたイメージで

元の作品が出来上がっていましたので

当初、色遊び的な作品だと思っていました。
 
 

 
 
しかし、約1年ほど前

ふと作品を見ていて

菖蒲だ!

と気づけました。
 
 
 
そこで薄緑地の色使いが決まったのです。
 
 
 
赤土台の作品も人気作品ですし

現在品切れになっているので

急いで作ってしまおうと

作り始めたのです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
本日の手まりは4つの水仙です。

我が家には水仙の花は無いのですが

隣の家では菜の花と水仙が今、盛りです。
 
 
 
この手まりは球体を4つの三角形に分割して

水仙の花を作っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村