管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

手まり、3個出品しました

    てまり:出品, 日記

昨日は補充用の手まり2個と

新しい色使いで作った「花七宝、夜桜」

この3個の手まりを各所に出品展示しました。

 

アマゾンは写真の規約が厳しいので

他所には出してあるのに

アマゾンだけ出していない作品がいくつかあります。

 

少しずつ未出品の物を出そうと

写真だけ5個、撮ってきました。

今日は昨日より曇っているので

写真を撮ってきて正解だったと思います。

 

 

アマゾンといえば返品希望のお客様

お客様の返品理由は

 

返品理由: 都合により必要が無くなった

購入者のコメント: イメージが異なった。

 

 

イメージ違いを言われる場合

2種類のパターンがあります。

 

1、展示会等で自分の作品を出さずに

購入したものでごまかそうと言う場合。

 

私の手まりは籾殻を土台にしているので

しかるべき重量があります。

そしてその重さは存在感につながります。

 

多くのお教室がスチロールボールになってしまったので

どうしても違和感が出るのです。

これが理由であった場合

当然、イメージ違いという結果になります。

 

未開封の証明になる写真を即送ってもらえたら

特別に返品、今回にかぎり受けても・・・

と思ったのですが、写真が送られてこなかったのは

別の理由だったのでしょう。

 

 

2、もう1つの理由としては

弾まない・・・

これは別の方からお電話をいただいた事があります。

 

もし、こちらが理由であれば

開封済みになっているはずです。

そして、球体に縫い糸や刺繍糸で模様を作った物ですから

ドリブルのような動作をすれば

あっという間に作品はボロボロになってしまいます。

 

 

アマゾンは返品規約が厳しいのですが

商品説明に

 

手作り品につき、発送ミス以外の返品交換はご遠慮ください。

 

この一筆を入れておいたので

救われました。

アマゾンの規約に

 

理由にかかわらず返品・交換を承らないケースとして下記の項目がございます。

・受注生産品、特注制作品、刻字入り商品、およびサイズお直し品

 

この規約が適用されると判断が出て

受け付けなくて良いとなりました。

 

どうしても色のイメージ違い

これは写真の具合や見ている端末で変わってきます。

この色合いの部分でイメージ違いを言われたら

どうにもならないのです。

 

なるべくそういうケースが起きないよう

色補正をしたり

写真を撮る時間を選んだり

タイトルや説明に補足を入れたりしています。

 

 

最近では実写でもCGで弾ませることは可能です。

アニメ作品の中では

ハンドシェイカー11話、12話で使われていましたが

もし、そっくりの物を欲しいと思うのであれば

模様を優先させるか、弾むことを優先させるかになります。

 

弾むことを優先させるのであれば

バスケットボールやバレーボールに

ペイントするのが、手っ取り早いと思います。

 

でも、ペイントの素材を考えないと

床に突く動作をするだけで模様部分に傷がつきますから。

 

 

ただ飾りとして持つのであれば

古典柄が使われていましたので

再現は可能になります。

 

アニメの場合、おとなしい女の子が

大事に手まりを抱えているのであれば

それは絵になるシーンです。

 

でも、何かの拍子に手から落ちて

本物であればそのまま落ちたとき転がるのです。

でも、それでは動きが少ないので

どうしても作画的にバウンドさせようとする。

 

アニメであれば不可能も全部可能になりますから

それはそれで良いのです。

でも、実際の作品にバウンドする事を求められても・・・

という感じですね。

 

 

私は使用していませんが

土台材料にウレタンチップを使うと

バウンドします。

でも、弾むというほど弾みません。

イメージは野球のボールぐらいです。

 

 

それを考えたとき

アニメ作品の小道具として

未来日記では上手に手まりが使われていました。

 

なくした手まりを見つけてきて

これを見ろ!

と手まりを上に投げる事で注意をそらす。

本来の手まりの使い方に沿った物で

良かったです。

 

 

手まりの本来の遊び方は

室内で座ってボールを上に投げ

それをキャッチする。

模様の変化を楽しむ。

手の中でまりを転がして手触りを楽しむ物ですから。

 

そもそも、戦前まで多くの庶民の服装は

着物だったのです。

着物姿でボール遊びなど・・・

なかなか難しいのです。

 

服装等の生活様式から変わってしまいましたから

なかなか難しいのかもしれません。

 

 

ボールをドリブルするような動作をするには

脚を開かないと上手に動作ができないのです。

浴衣姿で試してみればわかると思いますが

着崩さないように・・・

そうなるとかなり困難です。

 

 

私たちが何か言うと

いつも祖母は言っていました。

ま、やってみれば、いいわさ。

 

説明するよりやってみればよくわかる

という事になります。

 

 

昨日は出品作業で針が持てなかったので

アマゾンへの出品作業が残っていますが

本日は製作する事にします。

 

それでは本日も作業、がんばります。

 

 

今日の手まりは昨日、出品した

白地、睡蓮です。

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません