電話ってどうなの???

昨日は作品3個、3件お嫁入り決定し

発送に行ってきました。
 
 
 
さすがに3個(しかも8cm1個と10cm2個)

だとなかなか大変です。

郵便局の窓口の前でせっせと工作作業をしていました。
 
 
 
つまり、レターパックプラスの封筒を

箱型に成型し作品を送り出しました。

さすがに3個の箱を窓口前で作るのは

珍しいです。
 
 
 
通常は2個ぐらい。

同じ3個でも、発送件数は1-2件の事が多いので。
 
 
 
梱包後、窓口は空いていましたので

郵便ではなく、隣の窓口のほうが近かったので

ここに置いていい?

と聞き、担当さんに受け取ってもらいました。
 
 
 
大きな郵便局では無理ですが

田舎の小さな郵便局なので

全部顔パスなのはいろいろありがたいです。
 
 
 
今回はレターパック3個でしたが

アマゾンに大量に重いものを送るときなどは

箱も大きくなりますので

台車で迎えに来てもらう場合もあります。
 
 
 
集荷は山奥なのでやんわり断られますが

郵便局の駐車場だったら何とかお願いできます。
 
 

 
 
そして帰宅後、お一人の方からお問い合わせが・・・

ネットだけのお付き合いですし

ほぼ、はじめまして状態の方なのですが

電話で・・・と言われました。
 
 
 
正直、これにはびっくりです。

電話は相手に時間をとらせる行為になります。

企業さんの電話問い合わせであれば

そこで応対してくださる方は

時給いくらで雇われている方たちです。
 
 
 
しかし、私などは作品やサービスを売って

しかるべき金額をいただくお仕事です。

電話をすると言うことは、

相手の時間を取るという行為になるのです。
 
 
 
情報や時間を大切にしない人は

そういう価値に対して敬意を払えない人と

私は感じてしまいました。
 
 
 
もちろん、電話対応するほどの内容とは

思えませんでしたので

メッセージをお返しして終わりました。
 
 

 
 
電話でのサービスを受けるには

所定の費用がかかるわけです。
 
 
 
私もパソコン関連では

電話サポートを受けるときがあります。

たいてい、アナウンスで言われます。

ナビダイヤルで・・・

1分で**円・・・

このように言われるはずです。
 
 
 
つまり、通常の通話料金の他に

電話応対してくださる方、会社に対して

しかるべき金額を払っているのです。
 
 

 
 
こういう細かいことですが

やはりしっかり認識しておかないと

相手に対しても感謝とか敬意とか薄くなるのでは?

そう感じてしまいました。
 
 
 
午後から製作でしたが

なぜかいつも月曜日は主人が大量に洗濯物を出すのです。

なぜ???

それは土曜日に出せたはずでは???

と思うこともしばしば・・・
 
 
 
洗濯機を回しながら、製作のほうも少しずつ進めました。
 
 
 
夕方にもう1件、電話が・・・

こちらは保険の押し売り。

お付き合いは長いのですが

私は毎回断っている会社です。
 
 
 
何とか契約を取りたいらしく

本当にしつこい。。。

しかし、そのくらいでないと営業は勤まらないのでしょう。

ご苦労様です。
 
 

 
 
愛想よく、丁寧に電話をかけてくる人は

たいてい下心があります。

特に、1回に支払う金額は小さくても

ちりも積もればで高額な商品になっている事も多いです。
 
 
 
または時間を価値とみなさない

無駄に時間を浪費している人か・・・
 
 
 
という訳で、昨日は電話について考えさせられた日でした。
 
 
 
作品は「花七宝、夜桜」

そこそこの進捗状況です。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは芝桜です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村