管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

手まり、ミニ手まり土台2個、青地菊完成

    てまり:出品, 日記

昨日は発送が1件ありましたので

発送してきました。
 
 

 
 
ストラップ手まりがだいぶ少なくなってきたので

ストラップ手まりの補充を作る事にしました。
 
 
 
ピンクの菊で品切れ品は

青と黒の土台のものでした。

そこで土台を2個製作、

青いピンクのミニ手まり、出来上がりました。
 
 

 
 
刺繍糸をそろえる時間が

それなりにかかるという事もわかり始めてきました。

今まではあまり時間的コストは考えてこなかったのです。

同じ糸を使うものだけまとめて作ったほうが

早いと感じています。
 
 
 
補充作品を作る時は同じ刺繍糸を使う作品だけ

まとめて作るのが早いと感じています。

糸箱の保管場所が変わったとしても

糸の色数は変わらないので

時間短縮は今後の課題と感じています。
 
 

 
 
facebookのほうでは先日書きましたが

時々、手まりのアクセサリー類を作りませんか?

と質問が来ます。

 
 
まず、私自身がアクセサリーを使用する場面が無いのです。

そして手まりを小物として使う場合

ストラップやキーホルダー、せいぜい帯飾りですね。

ネックレス、イヤリング等は

私自身が持ちたいと思わないので作りません。
 
 
 
基本的に、自分自身が持ちたい

身の回りに置きたい

こう感じられる作品しか作らないのです。
 
 

 
 
ストラップから帯飾りやキーホルダーは

金具を追加するだけで簡単に加工が出来ます。

しかし、その他のアクセサリー類は

アレルギーの問題もありますので

金具等の確保が難しいです。
 
 
 
私は入手するルートを持っていませんので。

加工を自分で行うから

手まりだけ欲しいと言うのでしたら

ご自由に行っていただいて問題ありません。
 
 
 
また私の作品は普通サイズ、直径10cm前後がメインになります。

これは私自身のライフワークが

数多くの模様の記録を残す

これをメインに考えています。

 

 
 
小さい手まりは息抜き的要素が強いのです。

その為、人気作品は補充で作りますが

小さい作品はどんなに頑張っても

模様に限りがあります。
 
 
 
その為、模様の種類を多く記録に残したい

となりますと、どうしても普通サイズにならざるを得ない

というのが実情です。
 
 
 
今日はいろいろ雑事があり

どれだけ製作が出来るかは不明ですが

本日も作業頑張ります。
 
 

 
 
今日の手まりは先日、各所に展示した

「春の景色」です。

ピンタレストで非常に気になっていた作品があったのですが

その作品は全体がピンクでまとめられていました。
 
 
 
その作品を素敵!

と思ったのですが、同時に、私は土台をピンクにしない

帯はその色を使わない・・・

と思ったので、私流で色使いを選んでみました。

直径10cm、36等分の地割

テクニックとしては基本の菊と同じです。
 
 
 
さすがにミニサイズでこういう作品は

糸を細くしても難しいです。

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません