管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

手まり、「春の景色」出来上がりました

   2018年01月29日 日記

昨日、無事完成しました。

テクニック的には非常に初歩的作品なのですが

いつもの倍、花びらがあって

色使いも隣あった花びらの色が違う作品です。
 
 
 
今まで他の方が作ったもの

母が作ったものを見てきましたが

正直、色使いがうるさく感じて

好きになれなかったのです。
 
 
 
でも、今回、初めてチャレンジして

おおむね納得ができる仕上がりになり

満足しています。
 
 
 
帯もいつもは1色を巻いて終わりにするのですが

こちらも複数の色を重ねるデザインにしました。

お披露目写真はまだ撮っていませんので

別の機会に出そうと思っています。
 
 

 
 
お天気がよくて

特別用事がない日を選ばないといけないので

少し時間がかかりそうです。
 
 
 
天気予報を見ると

定期的にお天気が崩れそうなので・・・
 
 
 
 

そして次の作品

「白地、星かがりの梅、中華幻想」の土台だけ作りました。

織物用、絹紡糸で作りたいと思っていたので

先日、糸をオーダーした時

この作品を作る想定で、糸をテスト的に仕入れました。
 
 
 
中国の販売者さんは

編み物用を想定して出品したようですが

私が在庫で持っている糸と同じ太さなのか?

質感が同じなのか・・・

多少の違いがあっても互換性があるのか?
 
 
 
その辺りがすごく気になる点でした。
 
 
 
でも、無事、糸が使えることがわかりましたので

次回オーダーの時は

他の色も仕入れたいと思っています。
 
 
 
*********
 
 
 
以前から感じていたのですが

人には2種類のタイプの人がいると感じています。
 
 
 
簡単に言えば猫型と犬型。

引きこもり派と出かけたい派。
 
 
 
ある講座を受講しようと思ったとき

お教室を選ぶ組と通信教育を選ぶ組。
 
 
 
さて、あなたはどちらでしょうか?
 
 

 
 
私は、結婚前はバイトと学校とで忙しかったので

何かしようと思ったときは

通信講座を探しました。
 
 
 
編み物も、パッチワークも

全て通信講座と市販テキストでマスターしました。
 
 
 
学校は和裁でしたので

教材費がそれなりにかかります。

そして縁あってよい先生にも恵まれたので

学校へ行きました。
 
 

 
 
手まりは、母から習いましたが

門前の小僧でしたから

テキストだけでそこそこまで出来ました。
 
 
 
母が考案した一部の部分だけ

習ったのですが・・・

実は母から習うより、母が他界し

もっと上を目指したいと思った時のほうが

多くの学びでした。
 
 
 
リアル教室のメリット、デメリット

通信講座のメリット、デメリット

それぞれあります。
 
 
 
ただ、私に盛んに

編み物とパッチワークの教室を

開いてほしいとアタックしてくる人がいます。
 
 
 
息子が保育園に入る前に知り合った人ですが

彼女の場合、なぜリアル教室を求めるか?

非日常の空間で講座を受けるという名目で

日常のいろいろを忘れたいのです。
 
 
 
それが見えてしまったので

私はお断りしています。
 
 

 
 
特に彼女が私に求めるのは

編み物とパッチワーク。

両方とも多少の知識はありますが

教室を開くとなると私自身、そのつもりで

勉強しなおす必要があります。
 
 
 
私は趣味で何かを作るかもしれませんが

本気でこの2つを行うことは断念したのです。
 
 

 
 
仮に彼女が手まりと言ってきたとき

当然ながら、私の時間を

彼女のためだけに与える必要があります。
 
 
 
通信講座であれば不明点をアドバイスも可能になりますが
リアルレッスンとなると

それなりにみっちりと時間を裂く必要があります。

それに対する対価がレッスン料になりますが

彼女はレッスン料を払ってまで習いたいとは考えていません。
 
 
 
そうなると私としては

その時間を裂く意味がなくなります。
 
 
 
リアル教室のデメリットは

生徒さんの目線で言えば

それなりの時間と費用をかけて

所定の場所へ行く必要があります。
 
 
 
先生の立場で言うのであれば

自宅に教室があれば別ですが

そうでない場合、しかるべき場所が必要になります。

そこへ行く交通費と時間も必要になります。
 
 
 
通信教育の場合は

移動コストが不要になりますし

場所も選びません。
 
 

 
 
でも、教室の空気を提供することは

難しくなります。

 
 
ただ教室がどんなに遠くても

通信教育であれば提供が可能になります。
 
 
 
さて、何かの講座を習いたいと考えたとき

あなたはその講座に何を求めるのですか?

技術の取得ですか?

それとも教室の空気ですか?
 
 
 
講座を受けるあなたが

その講座に何を期待するのか?

それをはっきりさせないと

望むものを得ることは難しいと思います。
 
 
それでは本日も作業、がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりも「30羽の蝶」です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com