昨日は籾殻の下処理をしました

私は手まりの土台に籾殻を使用しています。

もう15年以上前に

営農センター(籾殻と玄米に分ける作業所)から

頂いてきたものです。
 
 
 
このように農家の方から直接分けていただいた

籾殻を手まりに使用するためには下処理が必須になります。
 
 
 
まず、籾殻をふるいでふるって細かいゴミを落とします。

籾殻を軽量するカップや

ふるったゴミを受けるボールに

細かい粉ゴミがたくさん着きます。

籾殻の細かい物もそれなりに出ます。
 
 
 
これらをふるって選別します。

その後、皿の上に半紙を敷き

ふるった籾殻を広げ30秒ほど電子レンジで加熱します。

乾燥させ、虫の卵などが混入しないように

これらの作業を行います。
 
 
 
電子レンジが無い場合は

最低でもふるってゴミを落とす作業は必須になります。

私が現在持っている籾殻は年数が経過していますので

虫の発生する確率は低いのですが

下処理をしない籾殻を使用して

虫が発生したという事例もあります。
 
 
 
作品を長持ちさせるためには

材料の下処理は必須になります。
 
 

 
 
日本で手芸用として販売されている

材料を使用する場合は

下処理をしなくてもすぐに使用できますが

そうでない場合は、下処理をしたほうが安全です。
 
 
 
また細かいゴミは糸など

他の材料を汚す原因になる場合もあります。

そのため、土台材料の下処理は

作品制作には欠かせない作業になります。
 
 
 
下処理の終わった材料はネジ蓋式の瓶に入れて保存します。
 
 

 

 
 
昨日は15時から某グループでの

チャットミーティングがありましたので

それに参加していました。
 
 
 
その為、手まりの仕事は土台材料の下処理で終わりました。
 
 

 
 
今日は日曜日のため買出し日です。

手まりの仕事がどれだけ出来るかは不明ですが

昨日、針が持てなかったので

少しは製作を進めたいと思います。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります!
 
 
 
写真の手まりは「星かがりの梅」になります。

色違いがだいぶあった作品ですが

だいぶお嫁入りしてしまい在庫が少なくなっています。
 
 
 
今作っている菊が終わったら

作ろうと思っている候補のひとつです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村