管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

手まり、緑地、睡蓮、製作中です

    日記

昨日はブログ関係終了後

アマゾン倉庫へ納品する糸セットを

郵便局へ出してきました。
 
 
 
多くの糸セットは色別セットなので

それは私がセット詰めを行っています。

でも、全色447セットはさすがに自分で行うのは

ちょっと大変すぎるので

セットになった物を購入しています。
 
 
 
その為、447色揃っていない場合もあり

表記では440色としています。

また、1mほどで切れている糸が

少し混ざっていることもありますので

その補填として10本ほど追加してセット組みにしています。
 
 
 
私が作っているセット組みは既に作ってありましたが

447色セットは入荷待ち状態。

一昨日ようやく中国から糸セットが届きましたので

補填の糸と合わせて袋詰め、ラベル貼りを行い

アマゾン倉庫へ送りました。
 
 
 
順調に行けば本日の夕方には

サイトのほうで入荷が確認できると思います。
 
 

 

 
 
帰宅後、昼食

その後、中国から届いた絹糸に色ラベルをつけました。

今回はピンクという事で糸を選び購入したのですが

色番号ではなく、中国語名でオーダーでした。
 
 
 
サイトのカタログページに行き

糸とにらめっこしながら

色名を糸のコーンに貼り付けました。

ところが・・・

カタログには色名があるのに

カラー見本には色名が無い物がある!
 
 
 
オーダー時、実は

カラー見本を見ながら

この薄い色と濃い色は不要だから

それを除いた全部・・・

と端から順に色名をコピーしオーダー票に書き込みました。
 
 
 
まさか糸見本に載ってない糸があったとは・・・

笑うしかないです。
 
 
 
おまけに、色名は中国語。

もちろん、日本語でも、日本古来の色名だったら

多くの人が理解できないのが普通になってきています。
 
 
 
そして・・・

当然のごとく、ロットが違えば色も違う。

もしかしたら次回オーダーする時

薄いピンク全部・・・

とか濃いピンク全部

と言うような買い方をしないと難しいかも・・・

という一抹の不安がよぎりました。
 
 
 
つまり苦労して色名をコーンに貼り付けたけど

ほとんど無駄になりそうな予感も・・・
 
 
 
自分で使用するだけのために購入してますので

それは良いのですが

誰かに頼まれても代理購入は面倒だから断りたい代物です。
 
 
 
今後、青系や緑系も買いたいと思っていますが

全部!

という買い方が一番楽かもしれません。
 
 
 
 

 
 
その後、製作を始めました。

白地、黒地のピンクの菊は

一番花びらの中心の糸を黄緑色で作る事が多いです。
 
 
 
しかし今回、緑土台ですので

黄緑も悪くはないけどあまり色の対比が良くないです。

帯も白地や黒地の作品は帯を黄緑にする事が多いのですが

緑地のとき、私は水色を使う事が多いです。

その為、花びらの最初の糸も水色にしました。
 
 
 
色使いに関しては特に決まりはなく

自由でよいのです。

どうしても自分で色が決められない人は

「かさねの色目」など十二単(じゅうにひとえ)の

色使いを記述した本もありますので

そこから選ぶのも良いです。
 
 

 
 
私は自然を写すというテーマで色を選んでいますが

これも実際のものを参考にする場合もありますが

景色全体から色を拾ってくる場合もあります。
 
 
 
そのような訳で、あまり作らない緑土台の菊

いつもと、ほんの少しだけ色使いが違う作品になりますが

間違い探しレベルなのでこれが出来上がりに

どのように影響してくるかが未知数です。
 
 
 
基本的に手まりは色遊び的な側面も持っていますので

作り手の自由ということになります。
 
 
 
それでは本日も製作がんばります。
 
 

 
 
今日の手まりは「星かがりの梅」です。

通常、この作品は直径12cm、鈴入りで作っています。

でも、今日の作品は直径5cmで作っています。
 
 
 
そして通常は25番刺繍糸で作っているのですが

この作品のときは絹糸で作っているのです。

今回ピンクの絹糸を多数購入したのも

この梅を作りたくて購入しています。
 
 
 
絹糸は絹紡糸を使う場合もありますが

絹手縫い糸を使用する場合もあります。

多くの色違いの作品があったのですが

現在品切れ品も多くて・・・
 
 
 
そんな訳でピンクの菊が終わったら

集中的に作りたいと思っている作品のひとつです。

直径12cmだと籾殻の使用量はカップ5杯。
 
 
 
現在、下処理済みの籾殻がだいぶ減っていますので

そちらの仕事もしなければいけません。

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません