予定していたバラの手まりはお蔵入りしました

いろいろ問題点が見つかり

このまま作ってもイメージどおりには完成しない

地割の問題じゃなくて模様つくりの問題。

これが確定したので途中放棄しました。
 
 
 
糸を解く選択もあったのですが

枡かがりの最初の部分は

糸を解いたら、糸が毛羽立って痛んで

使い物にならないのです。
 
 
 
そこで、上から別の色糸を巻き

表面の仕上げをやり直して別作品にする事に決定。
 
 
 
一回り大きくなりますので

大きくなって問題ない作品を選ぶ必要がありました。
 
 

 
 
暫く講座用の少しランクを落とした作品を作っていましたので

今まで作ってない作品にチャレンジしたい気分なのです。
 
 
 
そこで、これもまた

某所にて販売されていた作品

矢車草を選びました。
 
 
 
10等分の地割をしてその後

五角形と六角形に分割。

五角形の周囲に六角形が

出来るようにしなければいけません。

記憶がかなり曖昧で・・・

でも、何とか待ち針は打てました。
 
 
 
ここで時間切れ。

五角形と六角形の分割は

以前にも作った覚えがあるのですが

今回2回目。

一応YouTubeに記録を残してありますが

それは見ずにそのまま無事

待ち針を打つことが出来ました。
 
 
 
問題はその後なのです。

どのラインも全て地割をするがごとく

ほぼ直線で結ぶことにより分割されています。

さて、この方法はどう糸を運べば出来るのか・・・
 
 
 
一見簡単なようですが

理論的に理解していないと

待ち針を打つことが出来ても

糸がかけられません。

 
 
何回も写真と手まりをにらめっこし

そう、線を引けば分割が出来つつ

模様も出来上がるのか?

とにかく素直に線を引いてみようと眺めていたら・・・

なぁ~んだ・・・答えはそういう事だったのか・・・
 
 
 
とあっさり理解できました。

理解できてしまえば後は手を動かすのみです。
 
 

 
 
手まりつくりは傍に指導者がいれば

先生の真似をするだけで作品は完成しますが

私のように基礎作品だけきっちり教えられ

その後は自分でやりなさいと放置されると

なかなか厳しいものがあります。
 
 
 
それでも、完全創作は難しいですが

見本作品が写真でもあればまだ製作は可能になってきます。
 
 
 
本当に古い作品、古い本は

解読するまでが一苦労です。
 
 
 
今回途中放棄したバラの手まり

また近いうちに再チャレンジする予定です。

問題点もはっきりしましたので。

とりあえず、今使っている糸で作ってみて

それでも駄目だったら穴糸を使うしかなさそうです。
 
 
 
25番刺繍糸で作れれば問題ないのですけど・・・

これは糸のコスト的問題が非常に大きいです。

25番刺繍糸は中国の糸を個人輸入していますので

かなり安価で入手可能です。
 
 
 
しかし、他の糸は国産、正規ルートを使用しますので

それなりに糸代がかかります。
 
 
 
織物用糸は結果的には安くなりますけど

色数が少ないのが難点です。

 
 
今回作り始めた矢車草は織物用の絹紡糸を使用します。

ちょうど色があったので。

でもピンク系の糸がもう少し色のヴァリエーション

欲しいと思うこともよくあります。
 
 
 
写真は桜です。

桜の手まり、それなりに作ったつもりなのですが

こうやって探してみると以外に少なかったり・・・

またお嫁入りして品切れ中も多かったりします。
 
 
 
品切れ中の作品を補充しつつ

新しくチャレンジする作品も・・・

そして記録も残して・・・

いろいろ考えますが

千里の道も一歩から。

とにかく進むしかないと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村