手まり、松のテキストと竹の地割

昨日は松竹梅、松のテキスト無事書き上げ

竹は地割して、その後の待ち針を打って

時間切れになりました。
 
 
 
寒いとどうしてもテンション下がります。

おまけに雪まで降ってくるから

子供の頃の雪降って嬉しい!

と寒くて嫌だ・・・

のせめぎ合いでどうも変なテンションでした。
 
 
 
こういう時は手まりは不向きですね。

集中力に欠けますから。
 
 

 
 
松の手まりはコツコツという感じの模様ですが

竹は葉のバランスが微妙で・・・

作る機会も少ないのでまだ黄金比が

導き出せていません。
 
 
 
一応、テキストはあるのですが

テキストは万能では無いのです。

ベストのテキストは自分で作るもの。

和裁を習っていた頃、先生にこのように教えられました。
 
 

 
 
肝心なポイントは書き残さずに

口伝えで教えられていたのです。

だから残されていない。
 
 
 
でも、後継者がしっかりいれば

それで良いのですが

現代は少子高齢化。

自分の子供に教えたくても

望まなかったり不向きだったり・・・
 
 
 
こうなると私個人の持っている技術は

そこで途絶えてしまいます。

それならば、きちんと残しておかねば

と思ったり・・・
 
 
 
模様がシンプルなので入門者向きなのですが

3個セットの手まりなのでなかなか作る機会がありません。
 
 
 
前回作ったときの記録を見ますと

所定の場所から2cm

という記録のみ。
 
 
 
この時はサイズ違いを考えてなかったためです。

では2cmは円周に対してどのくらい?

と思えば・・・1/10

小さい手まりを作る方は適当に・・・

というしかない寸法でした。
 
 
 
1個で松竹梅作るほうがすっと楽だったりします。

ただ1点を除いて。

これもまた厄介な問題・・・
 
 
 
とりあえず、昨日導き出した待ち針の位置で

出来上がりを試すしかないです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります!
 
 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村