管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

昨日、手まり、4点、出品作業完了

    日記

昨日出品作業をしたのは「菊曼荼羅」2点と

「麻の葉」2点の合計4点です。
 
 

 
 
その後、手まりの土台作り

3点セット物なのでまとめて土台を作りました。

模様に使用する糸を合わせようと思ったら

だいぶ薄暗くなってきていたので

そこまでで終了。

 

 
 
専用の手まり糸を使用すると

そもそも明るい発色のよい色しか無いので

多少暗くても色合わせは出来るのですが

私は専用糸は使用しません。
 
 
 
現在販売されている手まり糸は

化繊の物と木綿の物が一般的です。

あと絹の糸も発売されたと聞きますが

残念ながら私はまだ見たことが無いです。
 
 
 
でも、専用糸は用途が限定されたものなので

どうしても割高になります。

よほどその糸に惚れ込まないと

私は使用しません。
 
 

 

 
 
私がメインに使用するのは中国製の25番刺繍糸

日本人で手芸を好む人は

25番刺繍糸という呼び方に慣れていますが

世界的に言うとクロスステッチ用の糸

と呼んだほうが通りが良いようです。
 
 
 
私が使用しているのは

DMCの互換糸でCXCの物になります。

鮮やかな色もありますが少しくすんだ感じの糸もあります。

また、土台が白ならばそれほどでも無いのですが

濃い色を用意したとき

見た感じとは色が変わってきますので

明るい場所で選ばなければ・・・なのです。
 
 
 
私がまだ中学時代

美術の先生が言ってました。

課題で自画像を描いたとき

蛍光灯の下で描いていたから]

肌の色が黄色っぽくなってしまったと。
 
 
 
手まりつくりはそれなりの明るさが確保できれば

夜でも作業は可能です。

しかし色糸を決める段階は、

午前中の天然光、遅くてもお昼2時くらいまでに

決めないとイメージどおりの色を決めるのが難しいです。
 
 
 
それでは本日も作業、がんばります!

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません