管理人プロフィール

スポンサードリンク

2017年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

昨日、白地ピンクの菊、完成しました

    日記

予定通りの進行状況です。

お披露目用写真は・・・

昨日はお天気がいまいちでしたので

写真は撮りませんでした。
 
 
 
写真は午前中の自然光で。

という事にしていますので

曇りや雨の日は写真が撮れません。
 
 
 
作り方手順の写真は作業机のライトの下で撮っています。

でも、お披露目用写真は

なるべく色の再現具合がよい事を重視していますので

午前中の自然光、時間も朝9時前後を狙っています。
 
 

 
 
今日はちょっといろいろ予定が・・・

多分写真は無理っぽいです。
 
 
 
次の人気作品、黒地、ピンクの菊

土台つくりと地割まで終わりました。
 
 
 
使用する糸が同じ作品は

まとめて作ったほうが効率が良いのです。

また同じ模様もまとめて作ったほうが効率が良いです。
 
 
 
 
 
時々、個人ブログのほうに検索で来るのが

6等分の組み合わせ地割・・・
 
 
 
8等分の組合せ地割を理論的に言うなら

北極から赤道を通過し南極へ行く

そして赤道を8分割する。

赤道の基準の待ち針4箇所を基準点とし

基準点を仮の北極、南極として

同じように糸をかける。

となります。
 
 
 
では6等分ではどうなるか?

北極から赤道を通過し南極へ行く時

赤道を6分割する。

赤道の基準点は2箇所。
 
 
 
そこを仮の北極、南極とみなしたとき

赤道に当たるラインが存在するのか?

もし存在するのであれば、

そのラインを仮の赤道とし6分割して

どのような分割線が発生するのか?
 
 
 
という事になります。

私も過去、8等分の組合せ、10等分の組合せ

両方の地割を学んだ後

6等分の組合せが出来るのでは?

と思い、チャレンジしてみましたが

まだ今のようにイメージを言語化できませんでした。
 
 
 
その為、どうすれば6等分の組合せが可能か?

まで答えに到達できず

その段階であきらめたのです。
 
 
 
一応、6等分の組合せは存在するとは聞きますが

(加賀まりの、高原先生がサイト内で言っておられました)

8等分の組合せ地割で代用可能とも。
 
 
 
そしてオリジナル作品にチャレンジする場合は別ですが

テキストの作品を真似るのであれば

使用頻度が著しく低い地割なので

私はまだチャレンジしたことがありません。
 
 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
http://charisma.media/temari_lecture

banner_b

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません