管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

年賀状・・・

   2018年03月15日 日記

長い間、年賀状は気分が乗らないと言い

1日に書いていた。
 
 
 
でも2011年、お正月が明け

我が家では主人が頭の手術をする・・・

という結果になった。

原因がわかるまでは、最悪も覚悟した。
 
 
 
幸い、たいした事はなく

現在は何事もなかったかのごとく生活している。
  
 
 
しかし、この時、我が家の収入は

3ヶ月間0に等しかった。

元々貯金などもなく・・・

この間、何とか食いつなげたのは

私がその前から下着の転売を行っていたから

その在庫を売ることで3ヶ月間をしのぐ結果となった。
 
 
 
だが仕入れが出来なく、支払いも滞り

クレジットカード2枚をアウトにした。
 
 
 
そして3月、あの震災と原発事故。

海外発送品はことごとくキャンセルされ

発送したものは手元に戻ってきた。

そして私は海外販売から撤退した。
 
 
 
あの震災を期に考えさせられた事は多い。
 
 

 
 
高校卒業後、結婚してからも少しの間

364連勤を続けてきた。

つまりお正月1日だけがお休み。
 
 
 
私の頭の中は未だに

盆もクリスマスも感覚がない。
 
 
 
そこにあるのは

目の前の景色

ゆったりと四季が変わっていく様子。

派手な装飾も全く無縁の世界。
 
 
 
お正月などカレンダーが変わるだけで

どこが違うの?

そう思ってきた。
 
 
 
だが、あの震災のとき自覚させられた。

人間、明日どうなるかわからないのだと。
 
 
 
数人の友人からは震災以後、年賀状が長期間、来なかった。

(昨年、ようやく音信不通だった友人から年賀状が届いた)
 
 
 
震災以後、身内が他界した友人も多かった。
 
 
 
人生50年といわれた時代から

平均寿命80歳を超える時代になったが

80歳おめでとう、と素直に言えない知り合いもいる。
 
 
 
生きているってどういう事なのだろう?

と考えさせられることもある。

同世代の訃報を聞くこともある。
 
 
 
そして、あけましておめでとう・・・

と言って良いのかどうか悩む相手もいる。
 
 
 
でも、自分が50歳を超え

無事に新年を迎えられることが

こんなに価値があると

最近ようやく感じられるようになった。
 
 
 
昨年から友たちが元気なことを祈りつつ

あえて、おめでとう・・・とは書かないけど

今年もよろしく

と12月に年賀状を書いた。
 
 
 
元気に新年が迎えられることを祈りながら。

毎年、私の年賀状は

その時期に作った新しい手まり。
 
 
 
完全新作ではなくても

新しい色使いの作品に決めている。
 
 

 
 
過去、この辺りを・・・

と選んだら、偶然、前の年の年賀状の原稿が出てきて

同じ作品だったから。
 
 
 
正直、昨年、その前・・・

どの手まりを年賀状に使ったかなど

覚えていない。
 
 
 
今までと違うデザインにすれば

間違う事はない。

過去の色違いであっても

新しいものが作れるのも喜びの一つ。
 
 

 
 
会おうと思えばいつでも会える距離にいても

年賀状だけの付き合いになっている友人も多い。

過去、いろいろ大変だったから

元気?と気にかけてくれる友人もいる。
 
 
 
私が毎年、新しい手まりの年賀状を送るのは

彼女たちに、私は元気です。

と、伝えるため。
 
 
 
枚数は少ないけど

相手の住所は心をこめて手書きで送る。

昨日は年賀状を書いて終わった。
 
 
 
写真は今年の年賀状に使った水仙の手まりです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com