管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

手まり、時間切れで完成できず・・・

   2018年03月03日 日記

昨日は、手まり、完成できませんでした。

ちょっと予定外の用事が入ったので

仕方ないです。
 
 
 
今日完成できれば嬉しいな・・・

そんな感じです。
 
 
 
今まで刺繍糸、中国製互換糸使っていたのですが

ちょっと古いものでした。

そのため、メーカー品と同じ太さだったのです。

若干つやとかは落ちますが・・・
 
 
 
でも、その糸もだんだん無くなり

多くの糸が現在販売されているCXCの糸に変わっています。

結果として糸が太くなっています。
 
 
 
糸が太くなることで

今まで8cmで作れていた手まりが

10cmでないと作れなくなる

こういう問題が発生しています。
 
 
 
お客様の傾向として8cmより10cmのほうが

うけが良いので私としては問題ありません。
 
 
 
今までどおりに作るのは

糸を3本取りから2本取りに変えれば良いのですが

多くのテキストは専用手まり糸を使用するか

母はほどいたリリアン2本取りでしたので

私が今使用しているCXCの糸とほぼ同じ太さになりました。
 
 
 
結果として私は問題ありませんが

模様によっては使用する糸によって

手まりのサイズを変えるか

かがる段数を変える必要が出てきます。
 
 
 
そもそも昔の人に細かいことを聞いても

大体このくらい

適当でいいんだよ・・・
 
 
 
ここで言う適当とは、適量という意味であり

大雑把という意味の適当と考えると

ちょっと変わってきます。
 
 
 
手持ちの糸に合わせて

臨機応変に変えていく柔軟さが必要になってきます。
 
 
 
とりあえず1個作ってみて

様子を見ながら糸を変えるか

サイズを変えるか・・・

そんな感じですね。
 
 
 
入門者さん用の作品は

基礎作品ではあまり糸を選びませんが

組み合わせ地割をレッスンするころから

用意した糸に合わせて

臨機応変に対応することが求められてきます。
 
 
 
 
 
個人ブログのほうの検索ワードを見ましたら・・・

手まり 図案無料

というのがありまして・・・
 
 
 
手まり 図案無料

画像検索ではフリー素材でした。

あぁ・・・年賀状素材か・・・

と思ったのですが

図案と言われると、すごく微妙です。
 
 
 
何回か書いた覚えがありますが

手まり作りに図案はありません。

そこにあるのは手順です。

所定の手順で糸をかけることで

模様が作れます。
 
 
 
つまり、製作に必要な技術は

やる気と根気だけあれば

所定のレベルまでは誰にでも到達できます。
 
 
 
糸を扱うのが嫌い

そういう方には無理ですが

糸で模様を作るのが好き。

このように答えることが出来る人なら

所定の順番どおり作品を完成させていけば

必ずある程度の作品までは作ることが出来るのです。
 
 
 
これが技術なのです。

他の人と変わったものを作りたい。

そう思うのでしたら色を工夫する事です。

色使いで綺麗な作品になるか、

あまり・・・という作品になるかが決まります。
 
 
 
根気が無い人は難しいかもしれません。
 
 
 
図案と言われますとどうしても

刺繍の図案をイメージしてしまいます。
 
 
 
勿論、手まりにも刺繍を施したものがあります。

東北の古い手まりが代表的な物です。
 
 
 
でも、そこにあるのは

手順なのです。
 
 
 
あえて図案と呼ぶならば

出来上がり見本を図案と言うしかないのです。
 
 
 
なぜなら出来上がり見本の写真を見ながら

バランスを考え刺繍を入れていくからです。
 
 
 
その為、記録を残すようにしていますが

まだ残しきれていない作品も多いです。

ヤフオクなどに古い作品が出た時

写真を保存し、その写真から復元するしか

方法が無いと思っています。
 
 
 
なぜなら見事な刺繍入り手まり

ある時期、旧家蔵出し品として多く出ましたが

最近ではなかなかお目にかかれなくなりました。

作り手も居るのかどうなのか?

そう考えた時、かなり厳しいだろう。

という感じです。
 
 
 
後は、手まりの空間に松葉を入れたり

菊を入れる模様が一般的ですが

その部分に自由に刺繍を入れる方法もあります。

布を貼るか真綿を巻くか・・・

そのような方法で刺繍をしやすい土台の工夫が必要になります。
 
 
 
真綿は上手に巻けば通常の刺繍程度は問題なく作れますので

理想的な素材と言えると思います。
 
 
 
写真の手まりは以前ヤフオクに出品された物を

私が写真から復元した作品なります。

 

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com