昨日は手まりの仕事が出来ず・・・

昨日はいろいろ雑用が多く

手まりの仕事が出来ませんでした。
 
 
 
以前からこちらで

小さい手まりの土台の作り方

検索数も多く、アクセスも多かったのですが

今、一通りのサイトをチェックしながら

驚きました!
 
 
 
今までに無いアクセス数で・・・

検索ではあまり・・・だったのですが

どこかのお教室か何かで紹介されたのでしょうか?
 
 
 
しつこく言いますけど土台作りと言う点で

最初からストラップサイズ(直径3.8cm)

これは厳しいですよ。

作りやすいサイズは直径5-6cmです。
 
 
 
直径3.8cmの

土台を作るために必要な籾殻はカップ1/4杯

直径5cmの時の籾殻はカップ1/2杯

直径6cmの時の籾殻がカップ1杯
 
 
 
つまり、籾殻の使用量がこれだけ変わってきます。

初心者が作るのに作りやすいサイズが直径5-6cmです。
 
 
 
これは小さい手まりを望む人も

しかるべき大きさにチャレンジしたい人も

共通して言えます。
 
 
 
まず、5-6cmで作ってみて

それから小さくするのであれば直径3.8cmにチャレンジ

もっと小さくしたいのであれば

それにチャレンジする事をお勧めします。
 
 
 
元々の手まりのサイズが直径10cmの場合

なぜ10cmと指定されているか?

模様によって一番作りやすいサイズの時が多いのです。
 
 
 
それを小さく作るということは

模様を作るうえで多くの困難があるのです。

私はいきなり小さいサイズはお勧めしません。
 
 
 
まず10cmで作ってみる。

その次に6cm、または8cmで作ってみる。

このように徐々に

小さいサイズにチャレンジする事をお勧めします。
 
 
 
経験をつめば小さく作れると納得できると思います。

糸を変えれば小さく作れる事も理解できると思います。

しかし、経験が無いままで最初から小さい物を作るのは

ちょっと厳しいと思います。
 
 
 
私自身、このサイズで作れる

と思って作り出し、途中で不可能ではないが

かなり困難と思った作品も多々あります。
 
 
 
大きいほうが模様によっては作りやすいのです。

糸を細い糸にしたとき

簡単に作れるものもありますが

細い糸にしても厳しいという作品も

当然あるのです。
 
 
 
所定のサイズで作れるから

それを小さく作ることが可能になってきます。
 
 
 
祖母の言葉を借りるなら

ま、やってみれば良いっちゃ

そういう感じですね。
 
 
 
今日は手まりの仕事

しっかり出来そうですので

そちらをメインにします。
 
 
 
先日作った作品、写真がまだですけど

まとめて写真撮ったほうが時間的効率が良いのです。

そのため、今日は写真撮影はお預けです。
 
 
 
過去、極小手まりもいくつか作りましたね。

直径1cmほどの物です。

いくつかは品切れ中ですので

また作ろうかと思っています。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村