直径8cmは少し厳しいので10cmで作り直し

次の手まり講座の作品

直径8cmで途中まで作りかけましたが

糸が太いとちょっと厳しい。
 
 
 
純正品の糸にするか3本取りの所を

2本取りにすればよいのですが

(もしくはデザインを変えてしまうか)

ここは補助線を入れるレッスンを行いたかったので

一回り大きい10cmのサイズで作ることにしました。
 
 
 
デザイン的には8cm、10cm

どちらでも問題のない模様です。

小さく作りたい人は

絹糸とか細い糸がお勧めです。
 
 
 
さすがに最近老眼が進み

細かいものを見るのが嫌になってきたので

大きいサイズで済ませよう・・・

という感じです。
 
 

 
 
実は今準備中の作品

これも某社がキットとして販売しているものです。

元々ある地割に手を加えるので

かえって説明が面倒?

と思ってしまう作品です。
 
 
 
キットを使わずに

最初から地割を行ったほうが良さそう

と私は思った作品です。
 
 
 
複雑な細かい作品を作るうえで

元々の地割に補助線を入れることで

さらに複雑な作品を作ることができます。

今回準備中のWeb講座では

終了間際の作品にこの補助線を入れる作品

これをレッスンしたくて選びました。

 

 
 
過去、私が作った作品は

紫の花で「リンドウ」としましたが

今回は黄色の花で「水仙」としています。
 
 
 
キットの作品も水仙になっているのですが

土台の色を変えてイメージを変えるようにしています。
 
 
 
このように全く同じかがり方でも

色使いを変えることで

花の種類、季節の変える事が出来る。

これが手まりの楽しさの一つです。
 
 

 
 
昨日はだいぶ作業が進みましたが

今日はどれだけ進むかな?

そんな感じです。
 
 
 
途中までつくり、断念した直径8cmの作品

そのまま予定とは違う模様をかがり

水仙でも違った印象で作ろうと思っています。
 
 
 
必要に迫られてキーボードたたいていますが

やはり針を持っているのが一番好きですね。

作りながらもっと別の作品・・・

とついつい思っています。
 
 
 
入門編の講座が終われば

一部の模様を除いて作れる模様の幅が広がりますから

私自身、楽しくなってきます。

多くの方が入門編で卒業されてきたのを

今まで見ていますので

非常にもったいないと感じてしまいます。
 
 

 
 
写真は先日展示した

『花七宝、初雪』です。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村