管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

作品、お嫁入り

    日記

写真の作品は先日お嫁入りしたものですが

昨日も1作品、お嫁入りが決定し

発送してきました。

菊の模様はやはり人気だと感じています。
 
 
 
いろいろ雑務が多くて

作業が予定通り進まず、

ちょっともどかしいのですが

少しずつでも進めれば・・・と思っています。
 
 
 
そんな訳で、昨日、

製作は全く出来ませんでした。
 
 
 
模様として自分の好みの模様ではない

という部分も大きいかもしれません。

伝えたい模様だけど

個人的に好みでない

そういう模様も当然あるのです。
 
 
 
作りたい模様だけど

思ったより人気がない・・・

自分にとって好みでないけど

人気の模様・・・

いろいろあります。
 
 
 
個人ブログのほうで

検索から来たお客様のワードに

手鞠ほしかがり作り方

と言うのがありました。
 
 
 
読まれている記事を見れば

『星かがりの梅』です。

 

母が大好きだった作品で

私も好きな作品です。
 
 
 
この作品が出来上がったとき

ようやく母のレベル、入り口まで来れた

そんな気分でした。
 
 
 
その先、もっともっと複雑な模様が待っているのですが

伝統作品の中ではそれなりに

難しいランクになります。
 
 
 
正確な土台が作れて

正確な地割をつくり

模様も正確に作れてようやく完成する作品。

最後の1段をかがった時、ようやく顔を出す

梅の模様。
 
 
 
そして私はこの模様を作るときは

絹糸を使うことにしています。
 
 
 
織物用の絹糸はまだ扱いやすいのですが

絹手縫い糸を使用した場合

手まりの表面が絹糸独特のつややかな手触りで

何とも言えない幸せな気分になれるのです。
 
 
 
絹糸はすべると言う方がいますが

確かに出来上がった手まりは

手から逃げていきそうです。
 
 
 
色の引き加減とかいろいろ

気を使う部分もありますので。
 
 
 
残念ながら準備中の講座には

難易度が高いので載せることが出来ませんでした。

入門のレベルではなく、もう1-2段

上のレベルであれば載せることも可能になりそうです。
 
 
 
カルチャー教室だと地割済みの物を購入するようですが

それであれば模様製作は比較的簡単に出来ます。

でも、この模様は地割が正確に出来るか?

この部分がポイントになりますので

土台、地割が正確に出来ないと

梅の花が綺麗に仕上がらないのです。
 
 
 
そういう点から考えると

地割がきちんとできるかどうか?

そのテストにも使われそうな作品だと思います。
 
 
 
その上の段階になりますと

三角や四角を交互にかがりながら

手まりの表面を全て模様の糸で埋める作品になります。
 
 
 
綺麗に地割とかがりが出来ないと

模様が仕上がりませんので

そのレベルを教えられるか?

それを見定めるために

星かがりの梅を作るというのもありそうです。

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません