管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

作品、お嫁入り!ポインセチアの表現に悩む

    日記

昨日は作品が1つお嫁入りが決まり

発送してきました。
 
 
 
そしてブログ更新後、手まり講座のテキストを書き

出品作業・・・と思っていましたら

しっかり急ぎの用件入り・・・
 
 

 

 
 
最近の記事はカリスマサイトが

メイン記事投稿となっています。

http://charisma.media/
 
 
 
ワードプレスを使用してのサイト構成になっていますが

複数の人たちで雑誌というか、図書館のような・・・

そんな感じの物を作っていくイメージです。
 
 
 
実は、このカリスマに投稿するのに

駄文は載せられないのです。

自己紹介文を書き、所定のところに記事をあげ

担当さんにチェックしてもらいます。
 
 
 
担当さんがOKを出し

ようやく記事をあげることになるのですが

自己紹介のところで、文章力が弱い人は

1記事ごとにOKが出たものだけを

カリスマに投稿できます。
 
 
 
私は自己紹介を提出した段階で

好きにやっていいよ・・・

と許可が出ていますが

それでも、定期的にチェックが入ります。
 
 
 
ここは、こういう感じに直したほうが良いです。

ここの部分は理解しにくいので

書き直してください。
 
 
 
このように具体的なチェックが入ります。
 
 
 
昨日はそのチェックされたものが届き

各所、お直し指定が入り

さっさと片付けよう・・・

そして次の作業に・・・

なんて思ったら甘かった・・・
 
 
 
午後半日、まるまるかかってしまいました。
 
 
 
文章を書く技術は

ひたすら書き続けることです。

でも、それだけでは上手にはなりません。

チェックを入れられてそうか!

と納得してようやく上手くなる部分もあります。
 
 

 
 
でも、文章の癖ってどうしてもあります。

いろいろ指示は出されましたけど

指示通りに訂正はしましたけど

それが自分の身につくのはいつになるのか?
 
 
 
こうやって書きながら指摘されたことを

意識はしていますが

意識しすぎるとタイピングが止まってしまいます。
 
 
 
やはり考える速さでタイピングしていますので

読み直しの段階で直すのがベストなのかもしれません。
 
 
 
あまりいろいろ気にしすぎると

文章の勢いが無くなってしまいますから。
 
 
 
結果的に昨日は投稿の修正作業で終わり

新規投稿は出来ませんでした。

終わった時点で、

目はショボショボ

気力も無くなりヘロヘロでしたので。
 
 

 
 
所定の箇所、どうしてこれでは駄目なのですか?

意味が不明です。

という指摘があり・・・

そこをどう説明するのか・・・

非常に悩みましたね。
 
 

 
 
実はポインセチア、私が初めて作ったとき

下掛け千鳥が鋭角に出来ず、泣いたのですが

(模様がイメージどおりに仕上がらず)

それをどう伝えるか?
 
 
 
赤い葉の部分が四角い十字状にならず

完全に正方形に近い形になってしまったのです。

色が違ったら、アジサイ?

そんなイメージになってしまいました。
 
 
 
失敗作を見せるのが一番手っ取り早いのですが

失敗作は保存していないのですよ。

私の場合は、そういう作品

上から糸を巻きなおし一回り大きな作品に

作り直してしまうのです。
 
 
 
模様や用途によっては

大きくなると不釣合いな作品もありますので

そういう場合は別の模様になります。
 
 
 
お教室とか持っていて

上手に出来ない見本作品があれば

写真を撮らしてもらうのも一つの方法ですけど

私がリアルで教えた生徒さんには

その模様で失敗した人はいないのです。
 
 
 
なぜなら、いきなり作ることをせずに

準備段階で、ウォームアップ用の作品を作り

これなら出来そう・・・

と思った人にしか教えませんでしたから。
 
 
 
今回は通信講座という性質上

上手に出来なかった人にも

所定の日時がくれば、テキストは届きます。
 
 
 
指定の作品は好みで無いので

順番どおり製作せずに

好みの作品だけ作るというのも可能です。
 
 
 
ただ、これが上手に出来るようになってから

次のステップに・・・

と注意書きを入れてはいますが守らないで製作すると

私と同じ失敗をして、泣く結果になるかもしれません。
 
 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません