管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

昨日無事、『花七宝、紅葉』完成、手まりのテキスト、長野まりも完成!

    日記

昨日、無事『花七宝、紅葉』完成しました。

ほんの少しで完成・・・

と言うところでしたので終わることはわかっていましたが

出来上がった直後、見事に寝落ちました。

 

その後、手まりのテキスト

写真の整理だけ出来ていましたが

加工とサイン入れてテキストのほうも無事完成しました。

手まり講座のテキストとしては

10ヶ月まで完成。

 

もっとも、YouTubeのスライドショーや

生徒さんに配るPDFのほうは

途中で放置になっています。

 

とにかく12か月分の作品作って

テキストの下書きまで

これを目標にしています。

 

写真の整理とかテキストの文章

特にテキストに関しては写真撮りながら文章も同時に考えているので

あまり時間を置かないほうが良いのです。

下書きのワード原稿まで作ってしまえば

後は少し時間が経過しても何とかなります。

 

 

 

検索ワードからのお客様

柳川毬のつくりかた

と言うのがありましたね。

 

地方色が消えつつある手まりですけれども

柳川毬の最大の特徴は

全ての模様を土台が見えないように

模様の糸で覆うこと。

これが最大の特徴です。

 

結果として柳川毬に不向きな模様もあると言うことになります。

また柳川毬を作る方たちが好む模様

好む作り方と言うのもあるのです。

 

近年の作品は糸がリリアンが主流になっているようですが

古くは草木染の糸を使っていたとも聞きます。

色使いは鮮やかな華やかな色が多い

赤やピンク、黄色は好まれる

そんな感じです。

 

 

てまり用絹糸

というのもありました。

専用の絹糸が最近発売されたと聞きますが

私はまだ確認できていません。

加賀の毬屋さんで取り扱っているらしいですが・・・

私としては専用糸はコスト的に割高なので

あまり好みません。

 

 

手まり 刺繍 柄

東北地方に伝わる古い手まりの事でしょうか?

私も写真のコレクションは持っていますが

まだなかなか複製は作れていません。

今残しておかないと・・・

という思いはありますが

なかなか思うように進まない現実もあります。

 

それでは本日も作業がんばります。

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません