管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

昨日は手まり3個お嫁入りしました

    日記

花七宝の手まり2個ともお嫁入りしました。

まさか2個相次いで出るとは思っていませんでした。

さほど時間がかからないで作れる作品ですので

また、合い間を見て作りたいと思います。

 

発送から帰ってきて・・・

実はオーダーしていた手まりの本が届いていました。

私が一番気になっていたのは

作り方工程がどのように書かれているかです。

 

今回私が購入したのはこちらです。

「讃岐かがり手まり保存会」が著者で

荒木さんが監修となっていました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

讃岐かがり手まり [ 讃岐かがり手まり保存会 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)

 

本の難易度としては

初心者からそこそこの上級者まで・・・ですね。

 

私自身、写真からすぐ作れるもの

既に十分わかっているけれども

この方はどういう教え方をしているのか?

そこが見たくて・・・

 

また私自身、まだ手がけてないけど

そういう作品でもわかりやすく書かれているか?

この点をポイントに見ていました。

 

もちろん、手まりの本は自費出版ものも含めて

可能な限り集めています。

 

 

まず最初に気になっていたのが

入門作品、「つむ型」の作り方ですね。

写真で丁寧に解説してありましたが

少し写真も文字も小さいのが難点です。

 

肝心の作り方は

写真で丁寧に解説されているのですが

つむ型を上手に作るポイントは

所定の待ち針を所定の段階まで抜かないこと

これがポイントになります。

 

ところが・・・

写真だから間違いは無いのでしょうけど

待ち針、無いんですよ!

となると・・・

糸の性質で模様が崩れないのか?

それとももう一つの可能性は

糸を引っ張り過ぎないように緩ませて作るのか?

 

もし緩ませて作るのであれば

これはその加減が難しく

難易度が上がりますね。

 

 

また別の作品では

私も50歳を超えましたので

小さい文字はちょっと苦痛なのです。

虫眼鏡を使いながらじっくり読み解かないと・・・
という作品の場合、文字が細かくて・・・

確かに従来の本と比べて
それなりに丁寧に解説されていますが
やはり球体を平面にして解説は限界があるな・・・

とも感じた次第です。

 

 

 

そして非常に残念な点が1点。

讃岐かがり手まりの特徴は土台に籾殻を使用する事。

和紙で籾殻を包み成型すること。

この和紙で籾殻を包み成型

この点に関しては、やはり熟練した技術だと思うのです。

成型する過程での糸を巻く力具合とか・・・

ここが最大の難しいポイントだと思うのですよ。

 

籾殻の入手が難しい・・・

そういう方もいらっしゃると思いますので。

 

でも、スチロールボールの土台の作り方

これが載っていたことは凄く残念でした。

スチロールボールの質感の無さ

存在感の無さは本当に悲しくなるくらいです。

 

だから私は籾殻やそば殻が諸事情にて使えない方には

ぬいぐるみの綿や木綿の布団綿などをお勧めするのです。

そして私の作り方は

ビニール袋に材料を入れて毛糸を巻きつけて成型しますので

一つ一つの工程での糸の役割がわかれば

それほど苦も無く製作が可能になります。

 

スチロールボールに綿や毛糸を巻きつける・・・

私は経験が無いのですが

滑らないのかな?

という点が非常に気になりますね。

 

 

 

検索ワードからのお客様は

手まりの作り方

これと類似のものが圧倒的に多いですね。

後は地割に関するもの・・・

 

それこそ、私の記事、YouTube全部見てください。

それでもっと知りたかったら準備中の

Web講座、受講してくださいという感じです。

Web講座については下のバナー

お問い合わせ・・・という所をクリックしますと

facebookのコミュニティに飛びますので

そちらに登録後、お待ちください・・・

という感じです。

 

 

後は

東北の手まり

なんてのもありました。

一応、私はブログ内でこれは東北地方の物の写し

という物にはタグをつけていますが

相変わらずGoogle画像検索で見ると

全く違うものが出てきます。

 

手まりは出てきますけど

それらが東北地方のものとは限りませんので・・・

 

今日は作りかけの花七宝の手まり

完成させたいと思いつつ

講座のテキストも・・・なんて思っています。

どちらを優先させるか非常に悩ましいのですが・・・

 

では本日も作業、がんばります!

 

 

 

【記事まとめ】手まりの作り方

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません