管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

花七宝『山の秋』あと少しの所で時間切れ・・・

    日記

昨日完成させたかったのですが

あと少しで時間切れとなり完成させることが出来ませんでした。

 

同時にもう1点色違いで花七宝の秋バージョン作りたくて

うずうずしています。

 

でも、今日は今日でいろいろ予定があり

完成できればいいな・・・という感じです。

 

前回、束ね熨斗を作っていますが

これは手まり講座用の作品です。

写真データは出来上がっていますが

まだテキストが出来ていません。

作品作りたい気持ちが抑えられずに

テキスト放置して花七宝作っていました。

 

作品作ったけど、まだ販売サイトに出していない物もありますし

束ね熨斗は販売用写真撮っただけで

写真選び等もまだです。

 

いろいろやらねば・・・

と思いつつ・・・です。

あせらず1つずつ片付けるしかないです。

 

 

検索からは

加賀手まり作り方

で来た方がいますが

残念ながら、私は自分の作品を加賀手まり

とは呼べるかかなり疑問です。

 

画像検索を見ますと

某社のキット

加賀手まり

これは本家の毬屋さん、既に他界されていますが

その方が監修されていますので良いでしょう。

 

ですが、讃岐かがり手まりの写真や

私の作品などが並んでいます。

これはちょっと・・・違いますね。

 

もっとも、私は気ままに作品の色を選んでいますけど

加賀手まりとどう違うのか?

これを言われたとき、答えることが出来ません。

 

なぜなら私の作品との明確な違い

使用している糸が違う

これくらいで、その他に関しては・・・

加賀手まりの作品を真似して作ることもありますし

ネット等の普及により地域性は大きく失われています。

 

私は化繊糸が好みでないので使用しません。

加賀手まりの本では化繊糸が多く使用されています。

その他に手まり専用糸ですね。

木綿の手まり専用糸もありますので。

 

土台に関しては

加賀手まりを名乗る方の物は

スチロールボールになってしまったこと。

これが凄く残念なのです。

私は籾殻の土台、昔ながらの作り方で土台を作っていますから。

 

同じ加賀手まりを名乗る方でも

ヤフオクに出品される作品は

リリアンの手まりなのです。

リリアンの特徴は糸がチェーンになっています。

ですので、一部の模様には加賀独自の模様がありますが
特に難易度が低い、入門者向け作品は
地域性が失われています。

そして、加賀手まりのテキストを私も何冊か持っていますが

それらを私独自の色使いで作ったとき

加賀手まりと分類されてしまうのだろうな・・・

などと思ったりします。

 

ちなみに、加賀手まりの本を出されている方

お名前だけは存じ上げておりますが

私の母と同世代の方ですので

私から見たら大先生なのですよ。

お会いできる機会があれば・・・

とも思いますが

私が加賀手まりを名乗るわけにはいかないと感じています。

 

 

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません