管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

手まり、束ね熨斗、作り始めました

   2018年03月17日 日記

土台は既に出来ていたのですが

作り始めるまでちょっと腰が重かった作品です。

 

理由は、延々と巻きかがりをして作る模様です。

私は巻きかがり、どちらかと言えば好きなほうなのですが

この作品は糸の色数が非常に多いのです。

 

そして、私が使用するのは25番刺繍糸。

8等分の分割でグラデーション5色

つまり、5x4で20色の糸と地割の糸を使用します。

 

20色の糸を新しい物を用意しその半分を使用します。

つまり、最初に8mの糸を3本に割り

その3本の糸を1本ずつに分け

そしてひたすら、平行に糸を巻きます。

 

 

このように多くの糸を使用し、3本合わせの糸を

平行に巻くだけの作業・・・

その結果出来上がる模様なので

一部の人には大変不人気な作品になるのです。

 

作り手にとって不人気なのですが

お客様にはそこそこ人気の作品で

作ればそれなりに・・・という部類のものです。

おそらく、糸を大量に使用するから

という理由で母は好まなかったのですが

もしかして母も巻きかがり単調で嫌いだったのか?

とも思ってみたり・・・

 

私が腰が重かった理由は

今まで1/2してそれをさらに1/4して作っていたのですが

それなのに、糸は5色。

どうしても最後の仕上げがうまくいきませんでした。

そこを、ちゃんと5列になるように待ち針を打つように改善。

 

これで少しは仕上げがきれいに出来れば・・・

と思います。

 

 

糸もたくさん使う束ね熨斗ですけど

待ち針も非常に多く使用します。

さて、出来上がりはどうなるか・・・

今度こそ綺麗に仕上げたいと思ったり・・・

 

市販のテキストと、出来上がりの見本写真が違う

この作品などは代表的な部類かも知れません。

 

多くのテキストの場合

著者が先生で、作品制作協力がお弟子さん

という例は多いです。

その為、実際に作ってみたらちょっと違った。

だから所定の場所を改善し、再製作・・・

こういう事例は絶対にあると思うのです。

 

でもテキストのほうは修正されずに出版。

結果として所定の模様は見本作品と同じに出来上がらない。

 

当然といえば当然の結果です。

 

という訳で、この束ね熨斗は

準備中の手まり講座、10ヶ月、3週目の課題になっています。

1年間の講座ですからそろそろ仕上げ、の段階になっています。

当然ながらその分、少し大変目の作品を選んでいます。

 

 

今日、出来上がるかな・・・

かなり微妙ですけど・・・

出来上がるかどうかより、今までより綺麗に仕上がるか?

私はそちらのほうが関心が高いです。

 

それでは本日も作業、がんばります!

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com