糸のセット詰め

昨日は糸のセット詰めをして

終わってしまいました。

 

今回、半端に品切れ品や

在庫少な目商品が少し多くて・・・

いろいろ作業が難航しています。

 

糸の保管場所の離れなのですが

これがまた、狭くて作業がしにくい・・・

そこへ主人が色々な物を持ち込み

置いていくので狭いスペースが余計に狭くなり・・・

今、一番ほしいのが

やはり作業がやりやすい作業部屋が欲しいです!

 

でも、まだ具体的にどういうスペースが良いのか

ここがイメージできていないのですよね。

ここのイメージが出来上がれば

たいていの物は自然に手に入るようになります。

 

 

一番の難題が糸の保管という状況でして・・・

これは本当に難題です。

もっとも、毎日使用する通常作品の糸の保管は

何とかなっているのですが

最大の問題は、ストック用の糸の保管ですね。

ここをどうすれば使いやすい倉庫が出来るのか・・・

ついつい数ヶ月に一度の仕事なので

まぁいっか・・・

になってしまっています。

 

作業効率と、今後の作品制作のために

糸の種類を増やすとなると

重要課題なのですが・・・

 

 

離れというスペースになっているのも

効率が悪い一つの問題点です。

同じエリアだったらもっと楽だと思ったり

主人が入らないスペースが欲しいです。

いろいろ物を置かれそれも作業しにくい要因なので。

結論は、家の建て直ししかない!

となってしまうのです。

いろいろガタが来ているので必要なのですが・・・

 

 

 

検索ワードを見ますと

やはり、手まりの図案というのがありまして・・・

図案と言われてしまうと悩むのですよ。

 

手まりの場合、図案という物は

一部の刺繍まりを除き存在しませんから。

 

全て模様の作り方になります。

手まりを所定の方法で分割(地割)を行い

それを更に分割して

糸をかけながら模様を作っていくのですから。

 

こういう所から説明をしないと

いけない時代になってしまった・・・

これが残念ですね。

 

もっとも、針仕事を嫌う世代が増え

安直に簡単に出来るものが好まれた時点で

手まりとは無縁になってしまったのが

最大の問題だと私は思うのですが・・・

 

 

今日も、いろいろ雑用が多く

糸のセット詰めもしなければいけないので

手まりが出来るかどうか非常に微妙です。

では本日も作業、がんばります!

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村