手まり、これは、どこに下げるのですか?

これは、どこに下げるのですか?

実は昨日、インスタグラムに入ったコメントです。

なるほど・・・

手まりは下げるものとして認識されているのか・・・

逆に私がびっくりしたと言いますか

不思議に思ったコメントです。

サイズが直径8cmのものですので

余計に下げるには少し大きめだし・・・

と思われたのかもしれません。

そして下げるような作りにはしていませんでしたから。

でも、なぜか

山形、秋田のほうでは

直径24cmなどという大きな手まりが

下げる加工をして売られています。

おそらく中身はスチロールボールだと思いますが。

(お流儀によっては、もみ殻の場所もあるそうです)

また、九州のほうでも、さげもん

としてぶら下げて飾るスタイルが主流です。

質問が入っていた手まりは

非常に基本的な単純な模様なのですが

手の中で転がして模様や手触りを楽しむ

そういう楽しみ方を復活させたいと思っています。

基本の模様の作品は私は木綿の刺繍糸を使用しています。

絹の糸に比べると手触り的に少し落ちますが

化繊の手まり糸と比べると

素朴な暖かさを感じる糸ですので

ほっこりとした、暖かさを感じてもらえるのでは?

そのように思っています。

基本的な模様の作品ほど

手の中で作品を楽しんでほしいのです。

もちろん、絹糸で作った作品は

糸のランクにもよりますが

それぞれの絹の質感で

さまざまな手触りが楽しめます。

手作りのぬくもりを

手の中で楽しんで欲しいと

思っていますので

私はあえて所定のサイズのものは

ぶら下げる加工をしていません。

手軽に持ち歩くにはやはり小さな作品が

良いと思い、こちらはストラップに加工し

石のビーズなどを使用しています。

検索のほうでは、やはり基本の作り方を

知りたい方がいるようで・・・

基本的な手まりの作り方

基本的な手まりの作り方

これは技法だけでもしかるべき数あり

どのようにカリキュラムを組むとしても

通常ですと1年ぐらいかかります。

現在、私は手まりのWeb講座を準備中ですので

受講希望の方は下のお問い合わせというバナーから

facebookのグループに入っていただければ

準備が整い次第、facebookのほうでご案内します。

手まり講座、昨日の作業

Web関係のさまざまな事も

本部から指示が出ていまして

そちらの作業完了後、

10ヶ月目、第1週の作品

椿を作り始めました。

いろいろ雑事をこなしながらなので

少し時間がかかるかもしれません。

いつもは水色土台が中心なのですが

水色土台は現在、まだ在庫があるので

黒土台で作ろうと地割までできました。

黒は地割が見えにくいからちょっと難しいです。

ずっと避けてきた黒土台なのですが

多くのテキストでは地割を

金または銀の糸で作ります。

私は手触りが良くないという理由で

金銀の糸を使用しなくなったので

地割を見せないように

土台と同じ黒の色を使用しています。

問題は写真を撮るとき

糸が見えればよいのですが・・・

それでは本日も作業、がんばります。

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村