管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

手まりの販売についてと講座進捗状況

    手まりの雑学, 日記

手まり、てっせん完成

 

 

昨日、9ヶ月、4週目の作品

『てっせん』が作品、出来上がりました。

 

某社でキットとして売られているものですが

キットを買わずに自分で最初から作りたい方向けに

手順等を組みなおしました。

 

写真からの復元になりますが

基本の菊が作れれば作れる応用作品です。

 

ただ、上から乗せる花びらは

隣の列の糸を

引っ掛けないようにする必要があるので

基本の菊よりは、ほんの少しだけレベルが上かな?

そのように感じました。

 

改めて感じたのは

色使いが変わるとこんなに印象が変わる・・・

という事ですね。

 

本当は8月中に完成させたかった作品ですが

ちょっと無理でした。

取り掛かったのは数日前ですので・・・

 

これからテキストつくりに入ります。

 

 

手まりの内職

 

 

今回の検索ワードなのですが

これで調べた方は

内職をしてくれる人が居るのか?

それとも内職をしたいと思っているのか?

 

内職さん、募集として検索したのであれば

別なのですが

内職をしたいと思っているのであれば・・・

 

 

私としては、はっきり言ってお勧めしません。

製作経験がある方ならわかると思いますが

どのように簡単な作品でも

それなりに時間はかかります。

 

そしてあなたは自分の自給をいくらで見ているのですか?

一般的な内職は非常に安価です。

そのようなお値段であなたは自分の労力を売るのですか?

 

せめてコンビニのパート代くらいは頂きたいと思いませんか?

 

 

さまざまな事情でお勤めが出来ない。

でも、刺繍等手仕事なら出来る。

これをお金にしたい。

 

 

そう思うのでしたら

自給換算で私は1000円を見ています。

 

なぜならストラップ1個作るのに

約5時間ほどかかります。

そして私が販売している最低額が4950円です。

 

 

ヤフオクなどで非常に安価で販売している方が居ます。

でも、ヤフオクだからそのお値段なのでしょう。

もちろん、私もヤフオクにも出品していますが

ある時期から全体的な単価を上げました。

 

ヤフオクは値段を付け替えるのが面倒なので

そのままの金額になっている物もあります。

 

でも、その後から出したものに関しては

所定の金額に設定してあります。

 

正直、同じものを同じ価格で出品していても

プラットホーム(サイト)によって

売れる金額は大きく変わってきます。

 

お勧めはクリーマ、ミンネあたりですね。

自分の作った作品に自信が無い?

では、自信を持って販売できる作品を作りましょう。

 

 

1個500円で売るのと

1個5千円で売るのと

売るための手間は変わりません。

製作の手間も変わりません。

 

 

2個売れたとき千円になるのと

1万円になるのとどちらが良いですか?

答えは決まっているはずです。

 

では、1個5千円でも買いたい作品を作りましょう。

2-3個作って出品して売れない・・・

と思っていませんか?

 

確かに2-3個でも売れないとは言いませんが

少し厳しいかもしれません。

ですので、まずは10個

その次は50個と作るしか無いのです。

 

私は現在は200個ほど出品しています。

同じデザインでも色違いを作ること。

そしてありとあらゆる模様と色のパターン

これをコレクションするように品揃えをする事。

 

古書などを転売している方が言っていましたが

全ての物販に共通して言えるのは

所定の在庫を持つ事で

収入が安定し、その上を目指すなら

在庫、いくつあれば売り上げいくら。

このように言っていました。

 

 

ですので、手まりをいくつ用意すれば

月商いくら

これは一概に言えませんが

それなりの在庫は必要になります。

 

もしかしたら最大の敵は

自分自身の怠け心かも知れません。

 

 

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません