手まりの遊び方と木目込み手まり

手まりの遊び方

 

手まりの遊び方としては

まりを宙にほうり、模様や色を楽しむ。

 

または手の中で転がして

手触りや模様を楽しむのですが

もう一つの楽しみ方は

作る楽しみですね。
 

 
 
遊びと言ってよいのかわかりませんが

大人の遊び

としてやはり、ホビーとか手芸とか

これも遊びだと思うのです。

 

 

木目込みや押し絵の手まり

 

 

私が作る手まりは「糸かけ まり」「刺繍まり」

と呼ばれるものですが

母は押し絵や木目込み人形も作っていました。

 

押し絵のほうは体験程度でしたが。

 

押し絵の手まりは作っていなかったので

私もつい最近存在を知りました。

 

押し絵も何のために?

と言われたらそれまでですが

これも飾りの一つですね。

 

30年前、バブルがはじけて

その後、はっきり言い、

景気が悪くなってきました。

一部の業界はそれなりに発展しましたが

全体的には非常に緩やかに

景気が落ち込んできたと感じます。

 

 

では豊かさとは何なのでしょうか?

 

 

私は身の回りを飾る余裕と感じるのです。

食べることに苦労することなく

人生を楽しみ、小さなことでも喜びを見出し

身の回りを飾ろうと思う心。

これが豊かさだと思うのです。

 

ある時期に育った世代は

そういう物を否定しているような気がします。

 

 

そんな事をして何が楽しいのか?

 

 

文化とかそういう物に縁が無い世代。

 

決め込みのまりは本来、

桐の粉を固めて成型していると聞きますが

最近では安直にスチロールボールの物もあります。

 

スチロールボールでは

見るだけになってしまうのでは?

と思います。

 

 

押し絵のまりですが

私は経験が無いので詳しくわかりません。

YouTubeには作り方動画がありました。

 

動画を見る限り

押し絵の場合、平面であればまだしも

球体に押し絵と言うのは難しそう・・・

そのように感じてしまいます。

 

そう考えると

やはり昨今のスチロールボールの手まりは

手のひらで転がすには軽すぎ

宙に放るにも軽すぎ

飾り物の用途と、作る楽しみのみ

なのかと思ってしまいます。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村