白地、ピンクの上下同時の菊、作り始めました

菊曼荼羅が出来上がり写真の整理は出来ているのですが

講座用PDF、その他の準備をするか

補充作品を作るか・・・

と悩みましたが

結果的に、人気作品、ピンクの菊を作ることにしました。

 

ピンクの菊は土台が白でも黒でも人気作品の一つです。

現在両方とも品切れになっていますので

人気作品を品切れにしておくわけには・・・

と思い、作り始めました。

 

今日はいろいろ雑用が控えているので

完成できるかどうかはかなり微妙です。

白土台の作品を作り始めましたが

黒土台の作品もこの後作ってしまおうか・・・

などと考えています。

 

昨日は「花七宝、山桜」も出品しました。

実は現在準備中の手まりのWeb講座

こちらを始める直前に作り上げた作品なのですが

いろいろ忙しくて写真さえも撮ってなかった

という訳でして・・・

ようやく写真が撮れたので出品しました。

 

もっと早く出品したかったのですが

いろいろと・・・

実は花七宝で、山の秋も作りたいのですが

まだ少し色のイメージが固まっていないので

少し後になりそうです。

 

通常は色数豊富な木綿25番刺繍糸を使用していますが

極端に色数の少ない織物用絹紡糸を使いたいのですよ。

この糸はとてもやわらかくて

それでいて絹独特の滑らかさを持ち

とても暖かい糸なのです。

最上級のピュアシルクもよいのですが

上質な物とはまた違った手触りで・・・

時々、こういう優しい手触りの糸も使いたくて

もう少しイメージが固まったら作ろうと思います。

 

織物用の糸ですので色数が少ないのが

非常に残念なのです。

絹手縫い糸と合わせて使う

という方法もあるのですが

花七宝を作るには

合わせずに同じ糸のシリーズで作ったほうが

手触りなどの事も考えると良いかと思いまして。

 

講座用の作品も作らないと・・・

なのですが、少し悩ましいところです。

 

では本日も作業がんばります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

黒地の菊曼荼羅、完成しました

昨日、黒地の菊曼荼羅、完成しました。

午後からの数時間の作業とは言え

3日間かかってしまったと思うと

ちょっと気分は複雑です。

 

正直、個人的には上下同時の菊のほうが好きなのです。

でも菊曼荼羅は、角度の問題で

上下同時は無理なのです。

しかも中央を開いた形でなければ

花びらの重なり目が上手に出来ない。

 

なかなか悩ましい問題です。

今回白地、黒地、ピンクの花で作りましたが

本当は色違いも作りたいと思いつつ・・・

でも、やはりピンクは人気ですね。

 

上下同時の菊を2個ほど作ったら

講座用作品に戻ろうかと思ったりもしています。

 

本当は秋色の作品も作りたい気分が強いのですが

講座用が一段落しないと・・・

という感じです。

講座用作品は品切れがある場合は

一緒に品切れ品の補充も行っていますので

良いのですが

新作までは手が回らず・・・

 

でも、講座用作品、作り始める前に製作した

山桜もまだ出品していないので

それはなるべく早く・・・

と思っています。

 

これの秋色バージョンを作りたいのですよ。

そのうち作りたい気持ちがMAXになって

作るかも・・・

 

 

検索ワードを見ると

入門者、初心者であろう物が多いですね。

昔から手まりの本は難解と言われてきましたから。

最近でこそ、多少入門的本も出版されていますが

それでも、いろいろな部分で難しさがありますからね。

 

 

本部の方との打ち合わせ日程が

先ほど決まりましたので

この打ち合わせでどこまで進めるか?

という感じです。

 

この打ち合わせが決まり

どういう感じでいつ販売開始にするかが決まると

第2期講座リリースになります。

 

講座発表になると本当に募集期間は

超短期間になりますので

そこは注意してブログその他を見ていてください。

こちらでもご案内できればしたいのですが

もしかしたら、facebookだけになってしまうかも知れません。

ですので下のお問い合わせ・・・

をクリックして、facebookのページの会員になっていただけると

ありがたいです。

 

現在は公開になっていますが

もしかしたら、facebookページは非公開になってしまうかも・・・

そのあたりも本部の方と相談しながら決めていきますので

手まりのWeb講座に興味がある方は

会員制のオンラインサロンに登録しておいてください。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

手まりの地方独特の種類

ある時期を境に地域独特の手まりは

衰退を迎えるのですが

私が集めた本の中には

この手まりは、どこの地域の物

とはっきりわかる物もあります。

 

それは模様であったり、色使いであったり・・・

でも、色使いに関してはかなり怪しくなっています。

 

模様はいくつかは信頼できるものがあります。

それは現代にも保存会が残っていたり

いろいろ伝えられていたり・・・

 

しかし、昭和50年ごろ多くの新しい

独創性豊かな作品が生まれました。

伝統模様ではない、新しいデザインの本も出ました。

 

それらの中には、地域の名前を持った

手まりの本も何冊かあるのですが

それはその地域の手まり愛好家の方々の作品であり

地域色豊かな作品と呼んで良いのか・・・

私は疑問に思うものも多いです。

 

ただ創作模様を否定するわけではありません。

多くの創作模様、超絶技巧と呼びたい作品が発表されたから

手まりは新たに進化することが出来たと思います。

 

でも、それらの作品を地域の作品と呼ぶには

少し抵抗があるのです。

 

私はいくつかの作品を複製していますが

地域性独自の伝統模様の場合

根拠となる特徴をあげることが出来ます。

 

東北地方の刺繍を入れた手まり

同じ菊の模様なのに東北地方で作られる菊は

少し特徴的です。

あいだの菊と呼ばれる、模様のつくり方になります。

 

長野の松本手まりは白い土台で

連続的に模様を作るのが特徴です。

 

その他にも数多く、地域性のある模様が見られますが

それはまた、それぞれの作品を作ったときに

紹介しようと思います。

 

私もテキストは持っているけれども

母が作っていたから知っているけれども

作っていない模様がたくさんありますので。

 

昨日、黒土台の菊曼荼羅、完成させたかったのですが

あと少し・・・という所で時間切れになってしまいました。

 

今日こそは・・・

という感じです。

 

それでは本日も作業、がんばります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

昨日は黒地、ピンクの菊曼荼羅製作

昨日は黒地、ピンクの菊曼荼羅を製作していました。

菊曼荼羅のテキスト書いて・・・

とも思ったのですが、今の季節菊の手まりは

特に人気作品で、すぐに売り切れになってしまうのです。

 

ですので補充作品を作ったほうが・・・

と思い、作っていました。

さすがに上下別々に作る作品は

少し時間がかかります。

 

上下同時の作品なら

早く出来上がって良いのですけど・・・

それに糸がすでに用意されていますから

その分も時間短縮になります。

 

 

家が狭くて仕事部屋というのを持っていませんので

その都度糸も何もかも片付けなければいけなく

時間的ロスが多いのです。

 

今、一番ほしい物が仕事部屋が整った家ですね。

その為には頑張って貯金しないと・・・なのです。

 

 

検索キーワードを見ましたら

「てまりねこ」というのがありまして・・・

以前はこの名前を使用していました。

 

でも、少し前から「てまり-ねこ」にしています。

ハイフンを入れたのは2つの理由があります。

私がこの名前を使いだしたころは

同じ名前を使っている人はいなかったのですよ。

でも、気づいたらあちらこちらに・・・

 

 

そしてfacebookにもこの名前を使っている方がいまして・・・

あれ?facebookって本名登録じゃなかったの?

と思いつつ、覗きに行きましたら・・・

イメージまったく違うし・・・

(別人だから当然です)

 

私、下戸だからお酒飲めないのに

ビールで乾杯!

なんて写真載せているし・・・

(ご本人の自由ですから、問題ないですけど)

 

とにかく違う!

そしてツイッターにも同名の方がいまして・・・

これも別人です。

ツイッターは別の名前使っています。

 

という訳で、同じ人と思われたくない

というのが一つの理由。

そしてもう一つの理由が

私が信じている姓名判断の本がありまして・・・

その本を見てなにげなく「てまりねこ」で調べたら・・・

非常に悪い運勢だったのですね。

 

そして何気なく、隣の1画多いのを見ましたら・・・

もう最高の運勢じゃないですか!

それなら1画増やすのは簡単。

という訳で、ハイフンを入れて1画増やしました。

 

もう亡くなられた漫画家さんですけど

石森章太郎先生が気づいたら石ノ森先生になっていた。

これもおそらく、同じ理由と推測します。

 

 

もう一つ面白い検索ワードは

『亀甲かがり刺繍』とありました。

作りたかったのか?見たかったのか?

その辺りは不明ですが

東北地方の古い手まりに良く使われる模様ですね。

 

私は複製品を1点、過去販売し現在品切れ中です。

現在あるのは松竹梅が数点、色違いであります。

 

作り方としては

通常通り三つ羽根亀甲をかがり

空間に刺繍をいれます。

 

図案というものは特に無く

私は元の作品の写真から刺繍の目安になる位置を決め

待ち針でバランスを決めながら

刺繍しています。

 

つまりフランス刺繍のような図案があると

思い込んでいる方が時々いまして

図案を売ってください・・・

(他の模様でも)と言われるのですが、

YouTubeに作り方を公開していますので

それを見ながら作ってください

としか言えないのです。

 

特に古い作品のコピーとなると

一応、データは写真として残していますが

それも既に作ったものはYouTubeにありますので

見ながら作ってくださいとしか言えません。

 

それでは本日も作業、頑張ります。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

白地、菊曼荼羅完成

昨日は作りかけだった

白地の菊曼荼羅、完成しました。

 

この作品はかなり人気なのですが

色違いの黒地、そして白と黒の

10cmの菊も現在品切れ状態。

 

糸を片付ける前に品切れ品を作ってしまおうか

などと考えています。

同じ糸を使い色違いの作品

これは糸を準備する時間が省けるので

作業効率がなかなか良いのです。

 

本当はピンクの菊以外にも

青い菊とかも作ったほうが・・・

とも思うのですが

とりあえず、品切れ品、しかも人気作品ですので

補充を作ろうと

昨日は黒の土台だけ作りました。

 

 

検索ワードは

作り方、飾り方が多いようで・・・

それこそ好きに飾ったらいいのに・・・

とか思ってしまいます。

 

一般的にはお座布団の上が多いですね。

房飾りをつけて飾り物として

ぶら下げる方法もありますが

私は好みではないのです。

 

普段は飾っておいて

気が向いたとき、手にとって

手の中で楽しんで欲しいと思います。

 

水やお湯で手を洗い、それからそっと手の中で

手まりを転がして楽しんで欲しいのです。

だから私は手触りの悪い金銀の糸や

化繊の糸をある時期から使うのをやめました。

 

 

木綿や絹の手触りを楽しんで欲しいのです。

絹は糸のランクにより大きく手触りが変化しますが

どの糸もそれなりの個性で

私は好きです。

 

木綿は木綿の

絹は絹の暖かさがありますので

そのぬくもりと手触りを楽しんで欲しいと思うから

房飾りはつけないのです。

 

気軽に楽しむには携帯ストラップに加工し

石のビーズなどを使用していますが

これもパーツを取り替えることで

キーホルダーや帯飾りなどにも加工が可能になります。

 

ストラップとして作ったものは

何種類かの加工が可能になりますので

質問欄より聞いていただければと思います。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村