管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

小さな手まりの地割

昔は上下二つ模様を作られるお年寄りがいて

その方たちは、紙テープもメジャーも使わずに

目分量で地割をする方たちがいました。

 

 

そしてかなり、ご高名の方の本にも

小さな手まりは地割は目分量で

と書いてある物もあります。

 

 

それほど地割は難しい物なのだろうか?

 

 

カルチャー教室でも

初心者がブログなどで

今日はここまで進みました

このように写真をUPしているのを見ると

どう考えても経験から

地割を行っているようには見えない。

 

先生にやっていただいているのだろうか?

もしくはお教室で土台を購入したとき

地割済みを購入しているのだろうか?

 

 

他の、お教室のことがちょっと気になります。

 

 

私が小学4年生の時

地割で挫折しました。

でも、小学4年生ですから・・・

この時は、土台を自分では作らなかったのです。

 

 

そして中学の時

あめ玉の手まりを選んだ理由は

これなら地割はできなくても完成する!

そう思ったから。

 

でも、その後の作品はすべて

自分で地割をしてきました。

 

 

母や祖母が作っているのを見ていたので

自然にやり方や

パターンを見て覚えていたからです。

 

 

8等分の組み合わせ地割までは

簡単に出来ました。

 

ただ教えるのに母や祖母は

待ち針の色で番号をふる

このような教え方はしませんでした。

正直に言えば

本当に何も言わなかったのです。

 

ただ、見ていなさい。

それだけでした。

 

 

私は出来上がり図が

何回も見ていたのでイメージできていました。

でも、初めて見る人に

出来上がりを見せてそれを真似しなさい

これは、しかるべき訓練をしてないと

難しいのです。

 

 

絵を描くこと

その他、所定のものを写真でとったように

記憶する訓練が出来ている人

こういう人は初めて見たものでも

手順を見せてそれを再現が可能になります。

 

でも、そういう訓練が出来ていない人には

難しい作業なのです。

 

 

私は手まりの色使いについては

皆さんからイイネと言ってもらえますけど

絵を描くことは苦手です。

デッサンが苦手です。

 

 

絵のレッスンには所定の期間、通いましたが

何も見ずに所定の物を書きなさい

そう言われたとき、書くことが出来ません。

見ていても観察が足りないので

上手に書くことが出来ません。

 

 

そうなの?

 

 

と思われそうですが

あなたは、自分が毎日使っている物

例えば、カップを描きなさいと言われて

写真に撮ったように描くことができますか?

 

多くの人は無理だと思います。

それが出来るのは

普段から絵を書いている人でしょう。

 

 

何事も同じなのです。

初心者さんに、見てなさい・・・

これだけで再現するのは非常に困難なのです。

 

ですので、私は画像なしで文字のみで

それをどう伝えるか?

まず、その場をイメージしながら

作品を作り、写真を撮りながら考えているのです。

 

そしてテキストを書き

写真を添えます。

 

 

リアルレッスンを行った時

生徒さんからさまざまな質問が出ました。

地割が出来てしまえば

模様つくりは根気だけの作業です。

 

 

昔のお年寄りが目分量だけで所定の地割を行う

これもすごいと思いますが

小さな作品ほど、わずかな歪みが目立つのです。

だから私は普通サイズの作品と同じように

地割をします。

 

 

もちろん、目分量で行うことは否定しませんが

それでは限界があるので

普通サイズの作品を作るのと同じように

地割をすることをお勧めします。

 

 

小さい作品だから

特別な地割があるわけでは無いのです。

 

 

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません