管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

『松本てまり』と『加賀てまり』

    手まりの雑学, 日記

手まりと地域性

 

 

古い様式の手まりの中には

地域性を強く残したものがあります。

でも、現代、その地域性に即した手まりで

新しいものを求めるのは難しくなりました。

 

 

私はいくつかの資料から

コピーを作ることはありますが

厳密に言って地域色豊かな手まりというのは

その地域に行き、

当時のまま作っている人を訪ねないと

難しいと感じています。

 

 

私の作品を買ってくださる方の中には

本当に手まりの本場とも言える地域に

発送する事があります。

 

住所を書きながら驚く事が多いです。

お買い上げいただくのは

とても嬉しいのですが

思わず、手まりの本場じゃない!

と驚くことも多いです。

 

もしかして、他に購入先をご存じないとか・・・

リアル店舗をご存じないとか・・・

リアル店舗では入りにくいとか・・・

そういう理由は十分に推測できたりします。

 

 

ふらっと入れるお店もありますが

ちょっと入りにくい

ネットだったら簡単に覗くことが出来ますから。

 

 

私も、ネットで価格を知っていれば・・・ですが

リアル店舗の写真を見て

すごく雰囲気が良いのはわかるけど

ちょっと何も知らなかったら入りにくそう・・・

そういうお店はいくつか知っています。

 

 

 

加賀手まり

 

 

正直言いまして、加賀手まりと名づけられ

それが本当にそうなのか?

見ただけで判断はかなり難しいです。

 

もし絹糸で模様が作られた物であれば

それなりに価値があります。

でも、だからと言って、

それが加賀手まりと言えるか?

加賀独自の地域性、ここが難しいのです。

 

 

絢爛豪華な色鮮やかな模様

形容詞だけで言うのは簡単ですが

普通に手まりとして楽しむのであれば良いのですが

加賀手まり・・・

私がはっきり言えるのは、加賀にお店がある

毬屋さんだけです。

 

その毬屋さんで販売しているものも

スチロール土台の物も多いですし

化繊糸の物もありますし

作り手が加賀在住の方とは限りませんし・・・

 

色使いも作り手によって変わりますので

昔の様式は失われています。

ヤフオクなどではリリアンで作られた作品が

加賀手まりの名前で売られていたりしますので

正直、本当に加賀手まりの呼んでよいのか?

悩む場面もあります。

 

 

特にリリアンの作品は

糸がチェーン状になっていますので

すぐにわかります。

化繊と絹の区別は手で持ってみれば私はわかりますが

素人さんには厳しいと思います。

 

色使い的な事を言えば

加賀友禅と加賀手まりは

似ていると聞いたことがありますが

正直、私には区別がつきません。

 

 

 

松本てまり

 

 

松本てまりは独自の特徴を持っているのですが

本などが多数出版され

昔の様式を残している物は少ないです。

 

ただ他の地域と比べて特徴がいくつかあるので

その点で、非常にわかりやすいです。

 

最大の特徴は連続模様です。

しかし、超絶技巧と呼びたくなる作品の中にも

連続模様はありますし、

編み物の連続編みの応用で作れると聞きますので

連続模様=松本まり

このように決めるのは早計です。

 

 

私が持っている資料では

連続模様のほかにも特徴があり

木綿糸で作られている。

土台が白であること。

そして連続模様。

 

この3つの特徴が見られます。

 

ですが、一部の作品は他の地域に住む人も

本の出版等で作品を作るようになっていますので

その手まりが松本まりと呼んでよいのか?

非常に悩みます。

 

 

私もいくつかの作品を手がけていますので

松本まりの様式で作ったもの

というのが正しいのかも知れません。

 

 

現代では昔ながらの土台で

その地域性を残した手まりは

製作する人が激減していますので

地域色豊かな手まりは

本当に古いものだけで、古いの基準は

昭和30年以前でないと難しいと思います。

 

 

私は写真から古い手まりの複製を作っていますが

それは所詮コピー品です。

そして、糸は市販の大量生産品を使っていますので

草木染の手まりや藍染の手まりとなると

私は無理とあきらめています。

 

似たような雰囲気で作ることは出来ても

化学染料の糸と草木染の糸とでは

色合いが違いますので。

私に出来ることは模様のコピーだけとなります。

 

 

私から見たら、リリアンの手まりは

地域色豊かな手まりという基準で言ったとき

やはり論外になります。

アマゾンでは、東北地方の手まりでリリアンの毬

それなりに取り扱いがありますけど

本来は絹だったのです。

 

それが絹糸はコストがかかる

という理由においてリリアンに変わりました。

 

 

そして土台もスチロールボールは・・・

と思うのです。

でも、世間はスチロールボール全盛・・・

それなりに質量のある物を

使ってほしいと願う限りです。

 

 

 

しかし土台つくりが出来る人が非常に少ない。

これはもう、私たち世代が

というより、技術を持っている人が

きちんと伝えなければ

そう思う限りです。

 

 

何とか、スチロールボールではなく

せめて、化繊綿に・・・

籾殻やそば殻が使いやすいですけど

アレルギーで使えない人もいますので。

 

これはもう、教える側としての

責務と感じています。

 

 

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません