管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの土台、地割、飾り方

   2018年03月17日 手まりの作り方, 手まりの作り方、土台, 手まりの雑学, 日記

半分の土台

 

 

相変わらず、ブログに来た方の

検索ワードを見ますと

土台、地割などが多いです。

 

気になったのは半分の土台ですね。

私の作り方では半分の土台は作るのが困難なので

残念ながら経験がないです。

 

ただ、寺島さんが帯どめとして

半分の土台で手まりを作られていました。

ここでは作り方を推測することしかできませんが

一番安直で簡単に作れる方法があります。

 

あくまでも、手まりの応用編であり

本来の作り方とは違ってきますし

出来上がりが手まり模様の帯止めという事で

模様も作れるものが限定してきます。

 

簡単に、きれいにという目的であるのなら

スチロールボールを半分にカットし

針どおりが良いようにキルト綿をかぶせ

表面はちりめんの布などをかぶせれば

半分の土台は作ることが可能になります。

 

 

裏側をどうするかが課題ですね。

帯止めにするのであれば、

洋服のバックル形式にするのか?

それとも帯紐を通すのか?

 

市販の帯止めの紐を使うのであれば

帯止めを通すループなどを縫い付ける

そうすれば半割の手まり模様の帯止めは

製作が可能になります。

 

洋服のバックルを利用するのであれば

適当なバックルを用意し

そこに同じく、半割の手まりを縫い付ける

このような方法で製作は可能になります。

 

 

って、ここまで書きながら

私は半割の物を作るつもりは

今のところ無いのですが

何でもネットで調べれば・・・

と考えずに少しは考えなさい!

と思ったりしています。

 

 

なにせ、私の学生時代はネットなど存在せず

知りたいと思ったら本を読むしか無かったのです。

書店で立ち読み、図書館で調べ・・・

それでも欲しい情報が手に入るかわからない。

 

手芸店を歩き回り、どのような素材が手に入るか

お店でカタログ等を見せてもらい・・・

手と足で探し、

それでも入ってくる情報はわずかでした。

ですから、常日頃から必要な情報は

ストックしておく。

これが習慣になっていたのです。

 

ま、こんな事を言っていられるのも

中学、高校と6年間

悪友たちの

コミケ衣装作っていたという経験も大きいですけど。

 

 

私はスチロールボールを使用する手まりは

どちらかといえば否定的なのですが

半割の物を作りたいとなると

ちょっと硬い、半球状の土台が必要になります。

半球に糸で巻いて仕上げるのは

ほぼ困難というか無理と思うのですよ。

 

そうなったら、より便利な物を上手に活用するのが

一番だと思うのです。

スチロールボールも使えますけど

くるみボタンの土台も使えますね。

キルト綿で厚みを出して布をかぶせて。

 

 

化繊綿をつめても良いと思いますけど、

きれいな半球に作れるか?

土台にくるみボタンなど硬い素材を使えば

布をかぶせてしまえば

いろいろな問題は全て解決するので

手まり模様だけどイメージは刺繍になってきますね。

 

 

サイズが小さいですから

模様の糸は絹手縫い糸になりますし

もちろん、土台に使う布は化繊でも良いので

ちりめんの無地になりますね。

絹の無地が手に入れば最高です。

 

 

 

地割について

 

 

地割についての検索も多いですね。

独学の方でしょうか?

 

極論すれば4等分、8等分の地割と

8等分組み合わせ地割、10等分の組み合わせ地割

この3つを完璧にマスターできれば

後は全てこの地割の応用なのです。

 

小学校の算数レベルの計算で

どうすればその数字が導き出せるか?

ただ、この3つをきちんとマスターできないと

手まりの地割は製作が困難になります。

 

でもお教室に通っている方の進捗具合を見ると・・・

 

 

お教室では地割を教えないのだろうか?

ここが非常に疑問になるのです。

私がリアルレッスンをしていたときは

新しい地割のレッスンをする時、

必ず1レッスン時間を割いて

地割の時間を設けていました。

 

 

どうしても、土台に1レッスン

地割に1レッスン、模様に1レッスン。

入門クラスではそのくらい必要なのです。

 

でも、1レッスンで1つの手まりを完成させるには

完成できなくてもそれなりのレベルにするには

土台だけでなく、地割も出来上がったものを

きっととして買っているのか?

と思ってしまいます。

 

 

 

手まりの飾り方

 

 

これで検索がくるのには

私も少々びっくりなのです。

 

そんなの、好きに飾ったら良いのに。

そう思ってしまうのですよ。

 

もっとも、私は飾らずにしまう派なんですけどね。

でも、それだけ人々の生活に

余裕が無くなっているのか?

 

 

玄関の下駄箱の上に

母は時々花を飾っていましたし

親戚の伯母の家ではトイレに花が飾ってありましたし

だから、観葉植物を飾るのと同じように

祖母の家には手まりが置いてあったのですよ。

 

部屋の電気のスイッチの紐に

手まりがぶら下がっていましたし

知り合いの家では、カーテンをまとめるのに

手まりがぶら下がっていましたし・・・

 

 

私が作る手まりは売り物としてですので

全部専用衣装ケースにしまっていますけど

祖母の家では部屋のあちこちに

手まりが置いてあったりぶら下がっていたり・・・

折り紙のくす球などもぶら下がっていました。

 

 

そういうのを普通に見ていましたので

好きに飾ればよいと思うのですが・・・

難しく考えすぎなのですよ。

 

 

もっとも、ないがしろに出来ない

そういう関係の方からの頂き物だと・・・

難しいのかも知れませんね。

 

 

手まり講座のほうはかなり余裕が出来たので

大丈夫なのですが

本部の方からの宿題に相変わらず

苦戦しています。

 

ただ少しずつ慣れてスピードアップしていますので

何とかなると少しめどが立ちました。

 

では本日も作業、がんばります!

 

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com