管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの土台

このブログに来てくださる皆さんの検索ワードを見てまして

非常に疑問に思うのです。

 

 

そしてカルチャー教室のカリキュラムと

参加者のブログの進捗状況・・・

これを見ても疑問に思うと同時に

断片的にお教室の実態が見えてきました。

 

また参加者のお話も知り

なんか凄く残念な気分になっています。

 

 

手まりを作るのには

3つの工程があります。

1、土台作り

2、地割

3、模様つくり

 

 

多くのお教室が土台にスチロールボールを使用しています。

凄く軽くて薄っぺらい

写真にとってもそう感じると言われます。

 

 

私も写真で見て存在感の軽さを感じます。

昔はスチロールボールは無かったのです。

そして留学生がお教室に通ったとき

スチロールボールしか知らないと言います。

 

 

私は昔ながらの方法で作品を作っていますから

母も祖母も昔からの方法で作っていましたので

手まりとはそういう物だと思っていたのです。

 

一部のみやげ物店で売られていた

スチロールボールの手まりを見て

それがかなり多く出回り、

模様も同じ物の変化形であったために

機械で作っていると言われたのです。

(後に、それは内職さんの仕事と知りますが)

 

 

そして平成になり讃岐かがり手まりを知ります。

NHKの手芸番組で籾殻を和紙でくるみ

木綿糸を巻きつけ昔ながらの作り方を守っていると知り

とても嬉しく思いました。

 

 

そして各地のカルチャー教室で

讃岐まりの教室が開かれている事も知ります。

でも、実際は・・・

参加者の方のブログを見たら

土台はお教室で購入しているとのこと。

 

つまり、土台が一人で作れないから

お教室をやめてしまったら

もう、手まりを作ることが出来ない。

 

 

スチロールボールも同じです。

そのボールが手に入らなかったら

作ることが出来なくなります。

 

 

昔からの方法を知っていると

応用が出来るのです。

各地でどのような材料が使われていたか?

 

これを知ることで、

もしその材料が手に入らなくなっても

別の材料で作ることが出来るのです。

 

 

私は籾殻(もみがら)を芯にして

その籾殻をビニール袋に入れて

土台を作ります。

 

でも、籾殻が手に入らなければ

布団の綿、古着、ぬいぐるみの材料

ウッドパッキン、さまざまな材料を使用して

作ることが可能になります。

 

母から本格的に習うと決めたとき

私は母が籾殻を使用していることは知っていました。

でも、私は籾殻をその時、持っていなかったのです。

時期が悪く、入手することが出来なかったのです。

 

でも、母も手まりを作り始めた頃は

手まりの中身に古着を使用していましたし

祖母は、かんなくずを使用していました。

 

ですので、私は土台の材料を買うという発想は

まったく無かったのです。

私がその時使用した材料は古い毛布でした。

アクリルの毛布を切り刻み手まりの土台にしたのです。

 

手まりの土台材料の素材が変われば

当然ながら成型する時、作りやすいものと

作りにくいものが出てきます。

でも、さまざまな方法を知っているから

土台材料を買うという発想は無かったのです。

 

私の祖母も母も手まりの材料をビニール袋に入れて

成型していました。

私もその方法で手まりを作ります。

 

 

もしビニール袋が無かったら?

 

 

おそらくまだビニール袋が無い時期

布袋を使ったと推測します。

古着を袋に縫いそれを使ったのでは?

そのように思うのです。

 

 

讃岐かがり手まりでは

和紙に籾殻を包んでいました。

そういう方法もあるのだと知りましたが

土台作りに熟練が必要と感じました。

 

 

袋に入れる方法はそれほど難しくなく

初心者さんでも簡単に作れる方法です。

また、瓶の中に手まりを入れる方法もありますが

もしこれをする場合

袋を縫うのは必須になります。

 

 

ですので、多くの地域では

布袋に土台材料を入れて作ったと推測するのです。

それがビニール袋が簡単に手に入るようになり

その結果、ビニール袋に

材料を入れるようになったのでは?

そのように考えるのです。

 

 

土台作りの技術が受け継がれている事を

私は内心喜んだのですが

それが継承されているのは一部だと知り

非常に残念に思っています。

 

 

だからこそ、作り方を伝えないと

そのように感じているのです。

 

 

****************

 

 

本部からの宿題はまだ苦労している最中ですが

スライドショー以外の方法で

土台つくりのワークショップが開けないか?

これを本部に提案しています。

 

どのような形でお届けするかはまだ未定ですが

必ず、どこかで入れたいと思っていますので

楽しみにしてください。

 

 

ブログの記事ですが

本部のほうから指示がありまして

現在別メディアに投稿する予定が進んでいます。

 

 

SEO的に言って

同じものをコピペは出来ませんので

もしかしたら、

リンクを貼って終わりになる事も・・・

 

ちょっと今後のブログ運営に関しては

予定は未定という状況です。

 

 

 

現在、台風接近に伴い

非常に雨が強いのですが

被害等、何事も起きないことを

祈りたいと思います。

 

それでは本日も作業、がんばります。

 

 

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません