管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

手まりの土台作り、スパン糸滑る

8等分の柱模様

 

 

昨日、8等分の柱模様、スライドショーの手前の

元原稿まで完了しました。

一部、作業、残っていますが

次の作品、作り始めました。

 

つまり、土台つくりをしたのです。

 

 

 

土台作り、ロックミシン糸、滑る

 

 

先日、ある方から個人メッセ頂きまして

土台作りであと少しで出来るというところで

ロックミシン糸が滑って

土台が完成しないと言われました。

 

 

なぜ?

私は経験が無いが・・・

 

もちろん、ミシンの飾りステッチ用の糸とか

蝋引きミシン糸とか

滑りやすい糸を使用した場合

滑って巻けなくなります。

 

 

でも、材料は同じものを使用している。

となれば・・・

最初に考えた可能性は

土台作りの時に

最初からロックミシン糸を使用している

これが原因では?

このように推測したのです。

 

 

でも、最初の段階ではなく出来上がりそう

この時点で滑るとなると・・・

 

 

昨日、私が作っていた次の作品の土台は

8cmの物でしたが

可能性が少しわかってきました。

 

 

まず、土台材料です。

この方は綿を使用したと言います。

私は普段は籾殻を使用していますが

今回、手まり講座を開くにあたり

使用材料は全て

通販で買えるものを選びました。

 

ですので古い動画では籾殻の土台ですが

講座用の動画では

ぬいぐるみ用の綿を使用しました。

その他のお勧め素材としては

そば殻、モクメン(ウッドパッキン)を

お勧め素材としています。

 

 

手まりつくりには、いろいろなお流儀がありますが

どのお流儀が良くて

どれが悪いと言うつもりは無いです。

ただ、スチロールボールだけは

存在感が無いから、私は好みでないのです。

 

 

 

手まり、変形

 

 

そして、和紙で包む、讃岐の手まり

これは土台つくりが非常に難しいと推測します。

 

 

以前、ヤフオクで古い手まりが

まとめ売りされていましたが

その中のひとつに、ソラマメか落花生か?

と言いたい様な変形した手まりがありました。

意図的に変形作品を作ったとは考えられないので

(模様から推測して)

保存中に変形したのだと思います。

 

 

私も同じくなのですが

手まりの保存方法として

1個ずつビニール袋に入れて

衣装ケースやダンボール箱に入れて

保管していると思います。

土台がしっかり出来ていないと

押しつぶされて変形すると聞きます。

 

私はそのような経験が無いのですが

実際に変形した手まりを見て新しい驚きでした。

 

 

 

土台作り、難しい?

 

 

なぜ、讃岐の手まりの土台つくりが難しいか?

まず、和紙で籾殻を包みます。

そしてそれを糸で巻いて整形します。

 

力加減がすごく難しいと思います。

そして作れる手まりのサイズにも限界があります。

なぜなら、和紙で包んだ段階で

いくら紙が丈夫でも力を入れて巻くと崩壊します。

大きい作品は糸を大量に巻いて太らせないと

作ることが出来ません。

 

YouTubeに作り方動画がありましたが

最初は糸をやわらかく巻き、だんだん硬く巻くと

説明されていました。

 

和紙で籾殻をくるむ以上、

サイズに制約があり

土台作りも困難になります。

そして、模様を作るために、かがるわけですが

針どおりが硬くて大変でないのか?

と疑問は次々と出てきました。

 

 

私は籾殻を使用しますが

ビニール袋に土台材料を入れてしまいます。

今回、講座ではぬいぐるみ用の綿を使用しましたが

同じようにビニール袋に材料を入れます。

 

 

この結果、最初にきっちり硬く土台を締め付け

硬い土台を作る事が可能になります。

もし、袋に入れなかったら・・・

糸を硬く巻くのが困難になるでしょう。

 

土台がゆるいと、変形の危険も出てきますし

後から糸を巻いたとき、崩れる可能性も出てきます。

ビニール袋が無い時代は

古い布を袋に縫ったのでは?

私はそのように推測します。

 

 

正直、昨日土台を作りながら

表面の糸が崩れる原因はそれしかないだろう

と結論が出ました。

 

 

綿を使用したとき

袋を使用せずに土台が作れるか?

不可能とは言いません。

でも、きっちり土台を作るためには

袋を使ったほうが楽に綺麗に出来上がると思います。

 

手に入りにくい材料や、高価な材料であれば

使わずにすむ事も考えますが

日本にいる限り、安価で簡単に手に入りますので

作れないとなげくより

作れる方法で作ったほうが良いと思うのです。

 

 

では本日も作業、がんばります!

 

 

 


にほんブログ村

 

コメントは受け付けておりません