管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

枡かがり、紫陽花の手まり、出品。技術の伝承

   2018年03月19日 てまり:出品, 日記

枡かがり、紫陽花の手まり

なぜ、今、紫陽花?

とも思われそうですが、これを作った時期が

紫陽花の季節だったからです。

 


 

こういう抽象的な物は

見る人にとって変わりますし

朝顔と言ってもそう思えればそれで良いのだと。

私はそう思っています。

 

 

 

**************

 

手まり講座

 

**************

 

 

本部からいろいろ指示が来て

四苦八苦しております。

 

皆さんに提供する内容に関しては

これは私独自の物ですから問題はないのです。

 

 

ただ、その前段階で調べなければいけない事

考えなければいけない事がありまして・・・

慣れない所に頭を使い

他の作業がストップしている状態です。

 

 

何人かの方の手まりブログを見せていただきながら

他のお教室の状況を調べている最中です。

 

 

 

**************

 

他のお教室と私の講座の違い

 

**************

 

 

 

まず、手まりの土台ですが

土台の作り方を教える場所は非常にすくない。

これがわかりました。

 

だから安易にスチロールボールを使うようです。

 

確かに、土台つくりが一番重要ですし

その部分を教えるのに

1レッスン必要です。

 

 

でも、今はリアル教室を持っていませんが

リアル教室を開いていた頃

2時間、1レッスンで

土台作りに1回使うだけで全く問題なく

皆さん、製作していました。

 

 

確かに最初から理想的な土台が

作れるわけではないです。

でも、やらないと上達はしません。

 

 

 

島根で手まりつくりをしておられる絹川さんに

手まりを作るのにどれだけ時間がかかるのか?

このように聞いた方がいたようですが

お答えは

何十年も・・・

 

これはある意味真実です。

 

絹川さんの手まりの土台は

モクメン(アマゾンではウッドパキンで販売)

されています。

 

つまり、昔ながらの製法で

手まりつくりをされている方です。

 

 

絹川さんが1つの手まりを作るのに

どれだけの時間をかけているのかは

面識がありませんし

ネットの情報だけなので詳しいことはわかりません。

 

 

私の場合は、最近紹介している

講座用の作品は

1個作るのに1日数時間で2日です。

ですので10時間は必要としません。

 

 

でも、完全初心者が作ろうと思った時

同じ時間で作れるかは別なのです。

当然、仕上がりも変わってきます。

 

 

ただ、土台作り、地割、模様つくり

それぞれ順を追ってレッスンし

その結果、しかるべき作品が作れるようになります。

 

 

土台作りに関して

きちんとレッスンしている場所は

非常にまれのようだとわかりました。

もしかして地割も?

と思ってしまったくらいです。

 

 

 

**************

 

模様の糸

 

**************

 

 

 

模様に使用する糸ですが

こちらもどれだけの場所で

自分で選んで作れるように

レッスンしているのだろうか?

 

 

以前、ある方のブログを見ていましたら

先生が次の課題を示し

色番号を読み上げるのをメモし

次のお教室のときに備えると聞きました。

 

 

つまり先生のコピーしかレッスンしない。

結果的に、その時レッスンを受けていた人

全員が同じものを作る結果になります。

 

 

 

母のお教室では・・・

皆さん色使いがだめだから

糸を揃えてあげていた

このように聞きました。

 

 

でも、そんな事は無いです。

私がレッスンした時

当時、30代半ばのグループと

60代近いグループがありましたが

両方とも、その方らしい作品を作られました。

 

ある部分まで進んだとき

両方のグループの方たちは

理由はともあれ、卒業されていきました。

 

 

教える立場としては

やはり、それなりの所まで指導し

卒業していただくのが

指導者としてのつとめだと思うのですよ。

 

 

 

私は一生勉強だと思っていますし

もっといろいろな模様を・・・

と思っていますが

しかるべき部分を行ったら

それでもう良いとご自分で判断され

卒業するのも良いと思います。

 

 

 

多くの方のブログを見てまわり

土台作りに関しては

お教室で購入する場合と

スチロールボールを使用する場合とあると

そういうお教室が大半とわかりました。

 

 

模様の糸に関しても

推測どおりで

先生が指定した番号を用意するタイプと

お教室でキットを買うタイプが大半だと。

 

 

手まりの楽しさは自分のイメージどおりに

作品を仕上げる事なのに

その部分が指導されない。

これは凄く残念と思っています。

 

 

もっとも、経営的な事を言ったら

教室に来ないと製作できないように

または、先生のコピーしか作れないようにすれば

やめない

そういうシステムなのでしょう。

 

 

私としては

私の作品を真似るのは自由ですけど

まず、作りたいイメージがあって

そのイメージから作品制作だと思うのです。

 

だから、仮に1つしか模様が作れなくても

それで生徒さんが満足し

その1個だけ作れればそれで良いと思っています。

 

 

昔のお年寄りには

菊を専門に作っていた方がいましたし

お話を伺ったら、それしか習わなかった

そのように答えていました。

 

 

他の教室の現状を知ると

何なのだろうか・・・

といろいろ考えさせられる部分はあります。

 

 

 

**************

 

私が行った和裁の学校

 

**************

 

 

 

私が習った和裁の学校ですが

最初に行った場所は

1年生は部分縫いしか教えてもらえません。

2年生は1年生が縫った部分縫いをまとめる作業をします。

3年生は4年生が裁断した物をヘラ付けしてまとめます。

4年生になるとようやく、裁断を教えてもらいます。

 

つまり4年生にならないと

自分では何もできないのです。

 

 

でも2つ目に行った学校では

たった1つしか作品が作れなくても

かならず、それは身につけさせます。

 

このように言ってくれました。

 

ですので、私の場合

和裁の技術は単衣どまりでしたが

とりあえず、何とか・・・

という部分まではレッスンしました。

 

 

どこで卒業するかは

個人の自由ですが

これが教えるということであり

技術の伝承だと思うのです。

 

 

本日は日曜日なので

どれだけ出来るかわかりませんが

本日も作業、がんばります。

 

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com