管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

紺地、つむ型の手まり出品、夜桜の手まり完成

   2018年03月19日 てまり:出品, 日記

紺地のつむ型の手まり出品しました。

 


 

初めて、この色使いの手まりを作ったときは

白い部分が銀色だったのです。

そして、糸も化繊の手まり糸で

もっとキラキラした感じでした。

 

その時は、この手まりに

クリスマスイルミネーションと名づけたのですが

金銀の糸を使わなくなり

糸の素材を天然素材に限定したら・・・

すっかり落ち着いた雰囲気になりました。

 

クリスマスというよりは

藍染の浴衣のような雰囲気に・・・

それはそれで、良いかと思ったり・・・

 

古い作品の補充を作るとき

糸の種類が変わっている場合も多いのですが

あまりイメージが変わらない物もありますが

大きくイメージが変わってしまう物もあります。

 

この違いはどこにあるのだろうと考えてみたり・・・

おそらく微妙な色使いの部分かと思うのですが

言葉にできるほどの明確なものはまだわかりません。

 

 

*****************

 

講座用に作成した夜桜の手まり

 

*****************

 

 

講座用に作成した夜桜の手まり、

昨日完成しました。

 

土台成型に頂き物の不用糸を使っているので

少し硬い土台になりました。

 

使用する糸によっていろいろな所で

作りやすさが大きく変わってきます。

これは推測の範囲内ですが

材料によって作りやすさが違ってくる

という事を改めて実感しました。

 

夜桜の手まり、多くの方が作る場合

土台を黒にし、黒い花が出来上がり

周囲をしかるべき色使いにするのが

一般的なパターンなのですが

実験的に、花をピンクにし

周囲を紫系でまとめてみました。

 

悪くはないけど、夜桜というには

ピンクが強くなりすぎ

夜のイメージにはちょっと闇が弱かった

という結論。

 

 

いろいろと、色使いで実験したり

遊んでみたり出来るのも

手まりの面白さだったりします。

 

紺地で作ったらどうなるのだろうか・・・

講座作成のほうが12か月分作り終えたとき

覚えていたら試してみましょう。

 

 

講座をやる前だと、ここで気が済むまで

色を変えていろいろ実験したりしてました。

だから作品によって色違いが多数あるものと

あまり色違いバージョンが少ないものとあります。

 

なんか紺地で作ったら

また浴衣のイメージに

なりそうな気配もありますが・・・

 

可愛かったら良いのよ・・・

そんな感じですね。

 

 

作品が出来上がったので

今日はスライドショー、PDF、メルマガ

という作業手順になります。

また少しPC作業です。

 

では本日も作業、がんばります!

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com