管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

手まり講座、進捗状況、竹と鶴、スライドショー完成

   2018年03月20日 日記

昨日はいろいろ用事があり

手まりのほうはなかなか進みませんでした。

でも、何とかスライドショーまで完成しました。

 

今日中にPDFとメルマガまで完成させて

次の作品にかかりたいと思っています。

 

この竹と鶴、作りながら

一応、他の方の作り方なども見ているのですけれども

やはりオーソドックスな作り方が一番と確信したのです。

つむ型は模様が安定するまで針を抜かないことが

ポイントなのですけど

待ち針があると作りにくいのですね。

 

 

それで作りやすさだけで言うのであれば

早期に針を抜きたいのですよ。

でもつむ型はそれを許してくれないのです。

それでいつもと違う作り方で作ってみたのですけど

やはり、楽をすることは出来ず・・・

作ってみて納得しました。

 

しかも、今回は同じ色で作るのが3段だから

簡単に数えることも出来るのですけど

これが段数が多くなったら数えるのも困難になります。

 

結果としてそれぞれの模様の段数がばらばら

という可能性もありまして・・・

間違いにくい、という事を考えると

やはりオーソドックスが一番という結果になりました。

 

 

この竹と鶴などは大手手芸メーカーから

キットで売られている作品でもあり

入門者向けの作品ですけれども

入門作品が本当は一番難しいのでは?

 

最近、そのように感じることがあります。

 

いろいろと誤魔化しがきかないのですよ。

基本に忠実に作らないと。

上手に作れないアラも目立ちますし。

 

 

難易度の高い作品は

細かい部分は難易度の高さで

目立たなくなる場合もありますし

また、経験による誤魔化しも上手になってくるのです。

 

だからと言って

入門者がいきなり難しい作品にチャレンジしても

時間はかかりますし、途中で精神力が続かなくなって

投げてしまうことはほぼ確定なのですけれども・・・

 

 

私は手まりの会とは縁が切れていますので

手まりの資格は持っていないのですけれども

所定の資格を取るためには

所定のレベルまでクリアして

その後所定の期間、研鑽を積んだ人が

上級資格を取れるという規定があるのです。

 

 

それを考えると、難しい作品にチャレンジするには

所定の経験がないと無理なわけでして

このような規定があるのも納得します。

 

経験を時間で判断するのは困難ですけど

所定のレベル以上の作品を何個作ったか?

これは絶対に必要になると思うのです。

 

そういう意味でもRPGゲームと同じだと思ってしまうのです。

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com