管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

手まり講座、進捗状況、竹と鶴、完成しました

    日記

作品自体はそんなに時間のかかる作品では無いのですが

小さく作ったとき、ちゃんと竹の葉が作れるのか?

これが気がかりで、いろいろな方の作り方を調べつつ

試していました。

 

結論を言えば、王道のつむ型で作るのがベスト。

小さく作ると、つむ型が無理そうであれば

もう一つの手法を使うのが良い。

という結論になりました。

 

多分、小さく作るには通常のつむ型で行うより

もう一つの方法のほうが安全そうです。

そのもう一つの方法とは・・・

 

10等分組み合わせ地割で、松竹梅を解説するときに

解説しようと思っています。

この方法であれば、かなり小さいつむ型でも

作ることが出来ます。

見かけはつむ型に見えるのですが

本来のつむ型とは糸運びが違うのですよ。

 

 

様々な手法を知っておくほうが良いという理由は

大きさやその他デザインなどアレンジしようと思ったとき

つむ型は特に所定のサイズで作らないと厳しいのです。

そこを綺麗に見せつつ、ちょっとしたコツで

それらしく作ることが可能な方法があるのです。

 

 

祖母の頃は、10等分の分割で松竹梅を作ったとき

竹の葉をつむ型にするとテキストには書いてあるのですが

それがどうしても作れず、母も祖母も

竹の葉をダイヤのステッチで代用していたのです。

 

でも、その後、別作品で竹の葉の表現方法を学んだとき

小さい竹の葉は2色の糸を合わせてステッチする。

この手法がわかり、母はその方法をとても気に入っていました。

でも、つむ型をそれで代用は厳しい・・・

 

そして日本刺繍のテキストに竹の葉の表現方法があり

その手法を手まりに使用し、つむ型では無いのだけれども

つむ型らしく見せる方法が確定できたのです。

 

だからこの手まりを小さく作るとき

つむ型が厳しかったらもう一つの方法で作れるのですが

そもそも、この手まりのつむ型とは

複数のつむ型を重ねることで糸を抑えていますので

小さくても作れるかな?

とは思っています。

 

ただ私はまだ小さい手まりを作っていませんので

試してみないと確定は出来ません。

 

 

昨日はそんな訳で、作品完成まで作業が出来ました。

これからスライドショー、PDF、メルマガになります。

 

作品を小さく作るとき

私は普通サイズのほうがメインなので

小さいサイズは作る機会が少ないのですが

地割を変えるというのも一つの方法になります。

これも、確定するまで試作品を作ってみないと

断言は出来ません。

バランスとか色使いとか・・・

 

 

コスモスのように直径8cmの時は

3色でまとめるのが可愛いですけど

直径3.8cmになると花は1色のほうが良い

こういう作品もありますから。

 

 

昨日、公開しましたが

7月25日20時に【Teachers TV】

出演が決定しました。

 

この番組は無料で視聴できますが

視聴申し込みをしないと見ることが出来ません。

放送中に所定の時間に所定の行動をしてくれた方には

特別のプレゼントもありますので

ぜひ登録してください。

 

今朝確認したときはまだ番組予定表が先月の物ですが

もう少ししたら今月の物に変わると思います。

 

視聴申し込みをしてくれた方には

当日の朝に担当の方から視聴ページの案内が届きますので

楽しみにしていてくださいね。

 

それでは本日も作業、がんばります!

 

K.RTR(クルテル)グループ【Teachers TV】

よろしくお願いいたします。

 


にほんブログ村

 

コメント