管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

手まり講座、進捗状況、三つ羽根亀甲、メルマガまで完了

   2018年03月06日 日記

昨日は三つ羽根亀甲の手まりが完成して

スライドショー、PDF、メルマガまで完了しました。

3回かけてじっくり解説したので

とりあえず三つ羽根亀甲の解説は終了です。

 

 

次の作品、星の手まり作り始めました。

最初の1個なので一番簡単な物になります。

あまり人気の作品ではありませんが

ここで5等分の地割について解説しておかないと

次の15等分が解説できませんから。

 

講座の準備としては

本部との打ち合わせが一昨日1ステップ進んだので

開講案内の番組のために

いろいろな資料を作らなければいけません。

 

 

作品制作もできれば、あの作品も、この作品も

ストック写真ではなくて

実物を放送中に・・・できたらいいな・・・

と思っているので全て平行しての作業です。

 

資料製作などもあるので

1-2日に1個作っていけば・・・

と現在製作中です。

 

いろいろな資料をひっくりかえしたり

ネット検索したりで新しく知る内容もあったり・・・

これ、もっと昔のものと思ったら意外と新しかった!

という発見があったり、またその逆もあったり・・・

 

私自身、調べないと知らないことも多かったりします。

 

また残念な事に

手元の資料では絹糸で製作されていた

とあるのですが、ヤフオクで出品されていたものは

リリアンだったり・・・

木綿糸であればまだしも・・・

さすがにリリアンは残念に思うのですが

戦後のある時期、手まり作りにリリアン全盛期があるのは事実なのです。

 

 

リリアンの色あせしやすさが改善され

専用の手まり糸が売られたのですが

これが化繊ですから、やはり光沢とか質感とかが

ちょっと残念なのです。

 

 

ただ、化繊の事を、人絹(人造絹糸)と呼んだ時期もあり

それが最高の物と考える世代がいたのも事実で

それが時代の流れなのかと思ったりすることもあります。

 

 

ヤフオクで中古で売られている手まりの中に

5番刺繍糸で作られた物が出品されていて

それを見ると、木綿は木綿独特の落ち着きがあっていいな・・・

と思うのですが、そう感じるのは私だけでしょうか?

 

本日は日曜日の仕事があるので

どれだけ作業が進むかはわかりませんが

今日も作業、がんばります!

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com