管理人プロフィール

管理人プロフィール

管理人プロフィールはこちら

スポンサードリンク

2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

手まり講座、進捗状況、土台と地割スライドショー、PDF完成

   2018年03月21日 日記

雪ダルマ型のお雛様

土台は重り入りにしなければいけませんし

せっかく講座で行うのだから、新しい事を解説したい

という事で、地割は12等分

菊は上下同時で花の中央が閉じたタイプになります。

 

昨日は土台と地割までスライドショー完成し

スライドショーは本部のOK出ました。

PDFも完成し本部に提出。

 

今日は菊のスライドショーとPDF作ります。

 

 

問題はメルマガなのですが

どう構成するか・・・

スライドショー作りながら同時進行で考えていたりします。

 

一応、お雛様の解説になりますが

生徒さんはお雛様に加工してもしなくても自由という事で・・・

 

いろいろ知識として知っていれば

問題ない・・・

そういう内容も多いですから。

 

しかし、しばらくぶりに作ると

この部分は先にやっておいたほうが

後の作業が楽

そういう物も多いですね。

 

後からいろいろな事をしながら

さっきやっておいたほうが楽だわ・・・

そう感じる部分もあったりします。

 

ですので、写真はこうなっているけど

ここはこうしたほうが・・・

という事例もあるので、そういう部分はPDF等で

補足説明入れています。

 

 

おそらく、不完全なテキストを時々見ますが

それらは書き手と作り手が別なのだろう・・・

そう思ったり・・・

先生のイメージをお弟子さんに伝えて

お弟子さんが、作るのだけれども、修正部分が修正されずに

そのまま印刷、配布されてしまった。

そう考えるのが自然・・・と思われる物もあります。

 

自分で書いていたらそういうミスは無いと思うのですよ。

もちろん、そんなの常識だから

書かなくたって・・・という理由において

書かずに済ませた。

もしくは、複製されないようにあえて一部抜いた

そういう可能性は多いにあります。

 

 

どこの世界にも

日本の伝統物の場合

ある部分は口伝によって伝えられるから

文字には残さない

そういう部分がありまして・・・

 

でも、私など母からいろいろ教えられましたけど

正直、現在、その技術を伝えようと思ったとき

こういう講座などでしか伝える相手がいないのですね。

 

対面でのお弟子さんというのも

過去はいましたが、現在はいませんし

習うほうも、これで基礎は終了です。

今後は応用編になります。

 

そう伝えましたらその直後に皆さん、終わりになりましたし。

本当は応用からが長いのですよ。

算数に例えれば、足し算、引き算、掛け算、割り算

このくらいがようやく終わったレベルですね。

 

でも、数学という面で見たら

その先がものすごく長い。

手まりの基礎が終わったと言うのはそれと同じなのです。

 

 

でも、数学を究める人がいるけど

私たち通常生活という点で見たら

四則演算だけできれば通常生活では問題ないわけでして。

生徒さんがそこまでしか求めていないのであれば

それはそれで仕方が無いことです。

 

もっと上を目指したい

そう思う人が少数派なのは仕方の無いことです。

 

さて、今回の手まりのお雛様

今日、どこまで作業が進むか?

 

とりあえず、手まりの解説まで終わったら

メルマガを少し進めて

それからお雛様のまとめに入ります。

 

という訳で、本日も作業がんばります!

 

 

 

【お知らせ】七原園美が教える、初心者でもできる・てまりーねこ式 “手まり講座”が開講しました。
https://www.facebook.com/sonomi.nanahara

お気軽にお問い合わせください。

banner_b

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ てまり手芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com