管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

手まり講座、進捗状況、枡かがり完成

    日記

私が一番嫌いな枡かがり、完成しました。

これからYouTubeデータとPDF、メルマガの作業になります。

 

でも、作りながら

もし自分が技能試験の試験官だったら

絶対、この作品、課題作品にするだろうな・・・

なんて思ったりします。

 

私自身、はっきり言って嫌いな作品ですが

その人の技量を見るには最適な一品だからなのです。

基本ほど技量を見るには必要な要素が詰まっています。

 

だから、見るべきポイントを見るために

あえて課題作品のひとつに選ぶと思いますね。

 

でも、作品を郵送や写真提出の方法だったら

いくらでもズルができるから

もし、そのような場面だったら対面でないと

出来ませんね。

 

実際、そのようなズルをしても意味がないと思うのですが

過去、数多くの事例を見てきましたから。

 

そういう意味でも、お免状の価値は何なのだろう

と思ってしまいます。

 

 

お茶の世界などでは

私も若いころ習わされましたが

それなりの部分までお免状いただきました。

母が費用を出してくれたから取れたのですが

私個人としては全く関心がないのです。

 

それで、ある時先生に聞いたのです。

私、何も出来ないのに

こんなにお免状頂いて良いのでしょうか?と。

 

先生の答えは

これはそのレベルまで学習してよいという

許可証みたいなものだと。

 

ま、お免状頂くのにしかるべき費用がかかり

その一部が先生の収入にもなるので

物は言いようですね。

 

 

でも、ピアノの世界では

どこまでレッスンしたというように話をするのですよ。

これはそこまでレッスンできているから

この程度の実力はあるだろう。

この曲は弾けるだろう

そのように判断されるのです。

 

もっとも、私のように既に30年ブランクがあると

いろいろ厳しいですが

それでも、しかるべきレベルまではそれなりにレッスンすれば

追いつけるわけでして。

 

一部の世代の方たちは

お免状にこだわりますが

手芸分野では無意味と思うのです。

作品が作れることが最重要課題なのですから。

 

 

主人などは造園会社に勤めてまして

いろいろな資格をとらないと

ある一定規模の仕事が出来ないらしく

いろいろ持っていますよ。

 

でも、それは運転免許証と同じで

それが出来ないとトラブルが起きる

その講習を受けていないと危険だから

そういう意味で必要な資格と思っています。

 

 

手芸分野では、危険なことはないですし

必要であるならフランチャイズの教室運営かと。

一定レベルの技量を持たないと生徒さんに教えられませんからね。

 

私のようにフリーであるなら

必要ないわけでして。

 

 

【Teachers TV】の場合は

いろいろな人が参加しています。

こちらもフランチャイズ方式ですので

グループとして

最低これだけは作ってくださいという基準があります。

それがメルマガだったりコミュニティサロンだったりなのですが

個々が持っている技術に対しては

特に指定はありません。

 

集まっている人たちの顔ぶれを見れば

得意分野も違いますから当然なのです。

 

それでは本日も作業がんばります!

 

K.RTR(クルテル)グループ【Teachers TV】

よろしくお願いいたします。

 


にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com