管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

絹てまり「桜」ピンク地、金茶 出品しました

    てまり:出品, 日記

s-3-23 011

 

この手まりも補充用で作成した手まりです。

 

祖母のノートにあった手まりですので

古いデザインの物だと思うのですが

残念ながら母や祖母の作品は残っていません。

 

私は難易度はあまり気にせずに

とにかく多くの作品のデザインを記録として残したい

そう思いながら作品つくりをしていますが

祖母や母は

どのように思いながら作品を作っていたのか・・・

二人とも他界してしまったので残念ながらわかりません。

 

母は、作りたい作品を作る

そんな感じでしたね。

あと技術的に難しそうな作品が好みでした。

花が好きでしたが、なぜか桜は好みではなく

バラが好きでしたね。

 

同じバラでも上下二つ模様の作品は好んでいました。

 

この手まりに使用している糸は

実は織物の端糸で、通常は捨てられてしまう糸です。

ただ絹糸ですのでお蚕さんが命に代えて吐き出してくれた糸ですから

それを思うと最後の最後まで大切に使ってあげたくて

縁あって我が家に来た糸です。

 

50cmとか1mで切れている糸ですが

手まりならちゃんと生かしてあげられます。

こういう糸はやはり他の購入した糸とは違い

どうしても、いとおしくて・・・

 

土台のピンクは

ちょっといろいろ効果を狙って

下に濃いピンク、上に薄いピンクと重ねて巻いてみました。

こういう事も

次に同じ作品を作りたいと思っても

その時に、同じ糸があるかどうかかなり微妙ですので

一期一会の作品になります。

 

土台糸も縫製工場の残り糸を

オークションで購入していますので

次回、同じ色が手に入らない確率のほうが高いのです。

 

我が家にはそのような

いろいろなご縁で届いた糸が数多くあります。

少量だから・・・その他いろいろな事情で

まだ十分に使えるのに捨てられてしまう糸たち

これらを手まりにして生かしてあげたい

そんな思いで作品を作っています。

 

TL50. How to make a Temari “Cherry tree”.

 


にほんブログ村

 

コメント