管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

てまり『ねじり梅』の作り方

送信者 Nejiri-Plum
送信者 Nejiri-Plum

 

祖母が大好きだった手まりの模様の一つが

この赤土台の「ねじり梅」でしたね。

別名「ねじり三菱の梅」とも呼ばれています。

 

昔は使える糸も少なかったので

おそらく縫い糸を使用して作られたのでは?

そのように感じます。

 

古い作品を見ますと

赤、白、黒

または、藍染糸

これらを使って作られた作品が大変多いですね。

 

私はこの赤土台のねじり梅の作品を見たとき

これが梅に見えず

あまり好きではなかったのです。

 

でもある場所で

ピンクのグラデーションで作られた梅を見たとき

いっぺんに好きになりました。

 

紅梅って言いますが

真紅ではないんですよ。

本物は・・・

濃いピンクですね。

どうみても赤には見えない。

 

もっとも日本語はピンクを桃色、桜色

と呼び、紅色は・・・赤系全般になるのですが

真紅は緋色になるのですね。

そうなるとやはり、梅が赤土台は

幼かった私にはちょっと納得できなかったのです。

 

デザイン的にみて

実際とは違う色でも

その色使いで所定のものをイメージさせる

納得の出来なかった幼少期の私です。

 

大人になってからですね。

糸や昔の庶民がどうやって材料を手に入れたか?

そんな背景が見えてくると

急に赤、白、黒だけで作られた手まりが

急にいとおしくなって来ました。

 

**********

 

ねじり梅は糸をくぐらすことで

模様を作っています。

針の糸が通っているほうから

模様の糸をくぐらせる技法になりますので

今までの上に糸を乗せていくものと違い

少し作るのが面倒になってきます。

 

ですので技法的に言えば

10等分の組み合わせ地割

そして、ねじりの技法

と言うことで、入門編の卒業課題に

ふさわしいものかと思います。

 

Temari Lecture 28. How to make a Temari “Nejiri-Plum.
TL28. How to make a Temari “Nejiri-Plum.”

 


にほんブログ村

 

コメント