管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

てまり「フラワーバスケット」金木犀 がお嫁入りしました

    お嫁入りした手まり, 手まりの雑学
送信者 花籠
送信者 花籠

 

手まりの名前について今回はお話したいと思います。

手まりの名前については

2種類あります。

 

技法に関する名前と

作者がイメージした名前です。

 

この作品で言えば

技法の名前は花かごになりますね。

そして作った季節、イメージから

私は金木犀(きんもくせい)と名づけました。

 

作者のイメージでつける名前ですから

これは自由で良いのです。

 

私は作品に名前をつけているのは

もちろん、それを作ったときの気持ちも大きいですけれども

それよりも、保管と発送の都合と言うのが

正直なところです。

 

 

実は私がリアルで手まりのレッスンをする時は

この手まりの色使い

私からは今回作る作品はこれです。

と見本作品は提示します。

 

しかしそれを何色で作るのか?

これに関しては一切指示を出しません。

 

皆さんのイメージで

皆さん独自の色使いで作っていただいています。

ですので10人いれば10通りの色使いが出来るのです。

先生のキットを作るのでは

私自身、自分のコピーを作られるのを好まないですし

やはり生徒さんの個性を引き出すのが

教える者の仕事だと思っていますので。

 

 

そんな訳で

私の作品を見て

それは金木犀じゃなくて**でしょ?

と感じても

それはそれで全く問題はないのです。

 

春に見たら

全く別に作品に見えても仕方ないと思っています。

 

TL65. How to make a Temari “Flower basket”.

 


にほんブログ村

 

コメント