てまり「朱竹と鶴」緑地 がお嫁入りしました

送信者 竹と鶴
送信者 竹と鶴

 

某所にてキットにもなっている竹と鶴の手まりです。

赤と緑、クリスマスからお正月にかけて

よく使用される色使いですが

何人かの方たちの作品を見ていると

どうしても色が沈んでしまうといいますか

暗いのです。

 

色使いのポイントはほんの些細なところなのですが

その色使いに気づけるかどうか?

それがわかれば、あとは簡単ですね。

 

手まり糸は大体のカラーバリエーションが

50色から70色くらいですね。

もちろん、所定の制約の中で作るのも

それはそれで良いのですが

落ち着いた作品をと思ったときは

糸を選び、色使いもちょっとしたコツがあります。

 

そのコツがその人の味にもなる訳で・・・

今はここで言うのはやめておきましょう。

 

ちなみに私の25番刺繍糸の在庫は

常に全色、447色揃えてあります。

今は中国製のDMC互換糸を使用しています。

 

絹糸も同じくらい揃えたいのですが

まだまだですね。

そのうち・・・なんて思っていますが

最大の悩みは収納場所だったりします。

 

やはり専用作業部屋がほしいと思ったり・・・

 

とにかく今やるべきことを

出来る事をできるところからやるしかないようです。

 

TL140. How to make a Temari “Bamboo and Tsuru.”

 


にほんブログ村

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *