管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

てまり「10の分割」白地、赤 がお嫁入りしました

    お嫁入りした手まり, 手まりの雑学

s-11-7 001

 

こちらの模様は8等分の組み合わせ分割のあと

入門編の中では最後の課題とされている分割

10等分の組み合わせ地割を

そのまま模様にした作品になります。

 

おそらく子供のおもちゃとして

お婆さんが作ってくれた手まり

そう考えたときこういう基本的な模様が

最初だったのでは?と考えてしまいます。

 

今でこそ、化学染料が発達し

ほぼ全ての色を自由自在に使うことができますが

ある時代までは草木染が主流であり

一部の色は非常に高価で特権階級しか

使用することができませんでした。

 

当然ながら庶民が使える色も限られていて

その為、古い時代の手まりほど色使いが決まってしまいました。

 

 

この手まりのデザインは

ある場所に載っていた写真を元に復元したものです。

撮影小物としてあった作品で

手まりとは関係ない本でした。

 

よい古民家の雰囲気が出ていた写真でしたので

即、その手まりが欲しくなってしまったのです。

母や祖母が作ったことのない作品

それでいて古い時代に作られたと推測されるデザイン。

写真を見たら即作り方もわかりましたので

大急ぎでつくり母に見せた作品です。

正直、そういうデザインこそ私が一番好きなデザインだったりします。

 

TL46. 10 Equal division pattern.

 


にほんブログ村

 

コメント