管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

てまり、8等分の組み合わせ地割の作り方

8hasira3

 

この8等分組み合わせ地割が作れるようになると

上下二つ模様から大きく手まりの模様が変化し

模様が全体に散らばった模様を作ることが可能になります。

 

最初のレッスンで16等分の菊を作って

その後すぐに8等分組み合わせのレッスンを行うことも

不可能ではないのですが

私は全てのテクニックを覚えていただくために

上下二つ模様でテクニックの全てを解説し

同時に全ての分割を覚え

それから組み合わせ模様の順序で進めています。

 

母などもそうだったのですが

この8等分の組み合わせ模様

4等分をした後、そのラインを全て半分にし

糸をかける

このように教えるお教室も多いようです。

もちろん、どの方法を行っても

結果は同じで作ることが可能です。

 

しかし、理論的に

8等分の組み合わせ模様はどうなっているか?

ここをしっかり理解し、糸をかける事で

次の課題、10等分の組み合わせ

これが簡単にできるか?

それとも理解不能になってしまうか?

ここが分かれてきます。

 

ですので、理論的にこの8等分の組み合わせ地割を

きちんと覚えていただきたいと思います。

 

また理論的に理解する事で

土台の糸をすくう回数も最小になり

きれいに仕上げることが可能になります。

 

***************************************************

 

ポイントは

上下2分割の模様の場合

赤道を所定の数に分割しました。

 

8等分の組み合わせ地割とは

基本の4等分を行った時点で

待ち針は北極と南極、赤道に4本の待ち針があります。

今使用している待ち針とは別の色の待ち針を

12本用意してください。

 

4等分の地割を行い、それぞれのラインを半分に割り

今用意した12本の待ち針で分割します。

 

この12本の待ち針は今後

1回しか糸が通過しませんので

土台をきちんとすくって止めてください。

まず本来の北極、南極を基準に赤道を8分割します。

 

赤道にある最初の基準の待ち針4本

この4本を次の北極と南極に見立てます。

手まりを回転させ、2回同じ事を行います。

上下2分割の糸をかける時のきまりは

スタートした位置で方向転換をする時は土台をすくうが

後でもう一度通過する場所は最後の1回で糸を止める

これが決まりでした。

 

ですので、北極と南極が赤道の1点にずれたと仮定して

糸をかけ、糸を止めてください。

1箇所が完了したら、もう1箇所を同じように糸をかけます。

 

これで8等分の地割は完成します。

一部地域ではこの地割のことを

『6つ花』と呼ぶようです。

正方形6つの正六面体が作られるからと推測します。

 

***************************************************

 

祖母がある時、私に好きな手まり1個あげる

と言いました。

私が選んだのは一番豪華そうな手まりでした。

 

それは10等分の組み合わせ地割の作品でした。

当時はまだ母は手まりを作っていませんでしたので

それがどれだけ作るのが大変かを知らなかったのです。

 

祖母は10等分の組み合わせですごく難しいからだめと

その時はその手まりは貰えませんでした。

その他にも良さそうな手まりがいくつかあったのですが

それは針何本使って大変だから駄目と言われ

結局、その時どの手まりを貰ったのか覚えていません。

多分、菊だったのでは???

などと思ったりします。

 

Temari Lecture 23. Combination division of 8.

 


にほんブログ村

 

コメント

ウェブ投げ銭 楽天銀行 or PayPalに口座をお持ちの方は「メルマネ」を利用すれば振込手数料なしで当ブログに「投げ銭」「少額寄付」が可能です。
下記のメールアドレスと金額を入力するだけで送金できます(口座番号・口座名などは不要) kotatuneko59@gmail.com