管理人プロフィール

スポンサードリンク

2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  

てまり「菊」白地ピンク花 10cm を展示しました

    てまり:出品, 手まりの雑学
送信者 2015年、16年菊
送信者 2015年、16年菊

 

前回、展示して1日くらいで即

お嫁入り決定してしまった白地、ピンクの菊

再び作り、展示しました。

 

お雛様も近いせいか

ヤフオクでもいろいろな方が『糸まり』や

『布細工のまり』を出品されています。

 

それらを見ていて残念に思うことが2点。

まずお値段。

そのお値段だと材料費、ちゃんと出ているの?

材料費はともかく、あなた時給いくらの仕事をしているの?

 

この部分に関しては本当に言いたくなりますね。

自分の気持ちとして

お世話になった方へのプレゼントだから

だからこれを、さしあげる。

それであるなら、そこにお値段をつける事はできません。

 

相手との関係性

プレゼントしたいと思う気持ちに

お値段はつけられないからです。

世間的相場として

この程度の・・・というのはありますが

その方を知らない他者が

そのお値段に口を挟むことは出来ません。

 

 

でも、販売するとなればそれはまた別問題となります。

よくツイッター上でイラストレーターさんたちが言ってますが

単純に絵を1枚描くといっても

しかるべき時間はかかるわけですし

その時間に対しての賃金を払うのは当然と思います。

 

これはアマチュア、セミプロ問わず

それなりのレベルのお仕事には

それなりの対価を払うべきと思うのです。

 

お値段の安いお仕事を請けてしまったとき

あの人はその価格でやってくれると業界に知れることで

他の方の単価も下げて見られてしまう

そういう悪循環もあると言われます。

 

 

これは何事も同じだと思うのです。

絵などは特に言えますが

超有名人の絵と、無名の人の絵とお値段が違うのは

当然のことであり、仕方のない事と思いますが

バイトの最低賃金が決められているのと同じように

作業に対する最低金額はお支払いするのが

当然の礼儀だと思うのです。

 

ましてヤフオク等で自分の作品を売る場合

もちろん人により作業能力が早い人と遅い人はいますが

それでも時給いくらなの?

と言いたい様な

材料費はちゃんと入っているの?

と言いたいような金額では

見ていて泣きたくなりますね。

 

もちろん、中古品は中古品としての相場があり

物によっては中古品のほうが価値があるから

と高値になるのもそれは仕方の無いことですが

自分で作って販売する場合

価格は自分で決めることが出来るのですから

その点を考えて決めてほしいと願います。

 

 

そして時々みかける

正直大嫌いな一言があります。

 

素人の手作り品のため・・・

 

これは一種の甘えと思います。

プレゼントであれば何も問題はありません。

しかし、1円でも販売することでお金を頂くのであれば

販売者としての

プロとしての自覚を持ってほしいです。

 

 

もしかしたら、製作者として

色使いが・・・

ここの部分が・・・

正直、上手に出来なかった。

そのように感じているのかもしれません。

 

そんな事を言っていたら

一生、満足な作品なんて出来ませんよ。

 

私は和裁の専門学校時代

先生や先輩に言われました。

私が最初に行った学校は・・・

 

先輩に言われた言葉

ここは学校じゃないのよ。工場なのよ。

 

まさにそのとおりでした。

先生は先生で

同じ物を3枚縫ってようやく手順を覚える。

5枚縫ってわかったつもりになり、失敗(ミス)をする。

7枚縫って自分で綺麗に出来たと思う。

10枚縫ってようやく先生から

綺麗に出来ましたねと言われると。

 

 

これは何に対しても同じなのだなと

私は思います。

同じ物を続けて10個も作る機会は

非常に少ないですから。

10個以上作ったと思っても

自分としては、ここが

まだまだだな・・・なんて年中思っていますから。

伝統なんてそんな物です。

 

逆に言えば

自分で作った物を販売するとき

あなたはなぜ販売しているのですか?

お小遣いとして

生活費の足しにと販売しているのではないですか?

であるなら、しかるべき金額を頂きましょうよ。

 

もしかして手作り品販売所へ持ち込んだとき

いくらと査定されたから・・・ですか?

そういう人は見る目が無い人なのです。

せっかくネットという不特定多数の人に

販売する機会を得たのですから

頂くべき金額は頂きましょう。

 

お客様が満足してくれるような作品を作れるように

そのお値段でも買いたいと言ってくださる様な

そういう作品を作りましょうと言いたいのです。

 

その為には、それなりの材料を使い(模様の糸)

お客様が満足してくれる

そういうレベルになれるように努力しましょう

そう言いたいのですね。

 

 

色使いが・・・

 

という方もいらっしゃると思います。

これについては後ほど

私の経験を話したいと思いますが

これも、経験と心がけで何とかなります。

 

TL12. Chrysanthemum stitched simultaneous 2.

 


にほんブログ村

 

コメント